120. 常岡浩介さん お帰りなさい!

今年4月にアフガニスタン北部で消息を絶ち、武装勢力 ヒズビ・イスラミ に拘束されて

いた、フリージャーナリストの常岡浩介さんが9月4日に無事解放され、ほっとしました。

4月の時点で初めてこのニュースを知った時、ツイッター(Twitter) に、

「まだ生きているが拘束されている」

と、書き込まれているとの報道に、なぜ拘束されてもネットが自由に使えるのか?

常岡さんの状況や意味がよくわかりませんでした。

解放され、日本外国特派員協会で開かれた会見 でようやくその時の状況が明らかに…

私はツイッターと言えばパソコンで書くものと思い込んでいましたが、武装勢力の兵士が

最新携帯の使い方がわからないと、常岡さんに尋ねた拍子に書き込んだとのことでした。

その携帯は、Nokia N70 だったそうで、携帯に疎い私は Nokia N70 が本当に最新の

携帯なのかと思って検索してみたら、5年前に発売されたと書いてありました。

5年前の携帯が最新だと思い込んでいる世界に住む兵士達は、英語のアルファベットが

読める人は皆無で、書き込んでも気づかなかったそうです。


Nokia N70
Nokia N70


そして、彼らは非常に狭い世界観の中で生きていると常岡さんは述べています。

「イスラム教徒は善で異教徒は悪だ」

「異教徒は自分たちを攻撃してくる者たちだ」



私が大好きだった、セレベス海のシパダン島から、ダイバー20人がイスラム過激派

アブ・サヤフ・グループに拉致されてから今年で10年になりますが、その後も事件が

多発し、いまだに何も変わっていません。

常岡さんの記事を読んで、彼らの凝り固まった非常に狭い世界観のことを知れば10年で

何か変わることを期待するのが間違いだと思わざるを得ませんでした。

それでも歩み寄り狭い世界観を少しずつでも広げてもらわなければ、同じことを繰り返す

だけとなってしまいます。日本人でイスラム教徒の常岡さんの危険を伴う貴重な体験が、

今後何らかの形で生かされれば良いと切に願います。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク