119. 最初にゴールありき

今年の2月後半から始めた韓国語のSkype(スカイプ)レッスンは、予定通り進んでおり

2冊目のテキストも今月で終わりそうです。

ただ予定通りとは進み具合だけで、実際は覚えた先から忘れる状態が相変わらず続き、

向いていないのかもしれないと投げ出したくなる気持ちを抑えるのに苦労しています。


そんな中、ちょっと希望が持てる出来事がありました。

通っているスポーツクラブのフリーウエイトコーナーで顔見知りになった韓国人留学生

Jさんのことは以前ここで触れましたが、他にもう1人、完璧な「日本語ネイティブ」の

韓国の方がおり、最初は日本人だと思っていました。「韓国人です」 と言われても

「在日の方ですか?」 と聞かずにはいられない程、全く不自然な言い回しが無い完璧な

日本語なのでびっくりしました。子どもの頃に日本で過ごした経験もなく兵役を終えて

から来日し、勉強して現在に至っているとは本当に驚きです!

(この方もJさんなので 「釜山のJさん」 と、ここでは呼ばせて頂きます)

釜山のJさんも気さくな方でよく声をかけてくださるので、語学の効率良いマスター法を

聞いてみたいと以前から思っていましたが、いざ尋ねてみると、私が先ず尋ねられました。

「韓国語のゴールは何ですか?」

さすがにひとつのことを極めた人は着目点が違うなぁ~と感心し、始める前に到達点を

設定することが大事だと再認識しました。漠然と始めるのではなく 「ゴールは何か」を

明確にすること、これは以前にも日本人で韓国語を極めた方に言われていたのですが、

その時は今よりもっと手探りの状態だったため、具体的行動には移せないままでいました。

暗記は出来ないもののある程度の知識を得た現時点でその話を聞くと、以前より具体的に

「ではどうするのか?」 を真剣に考えるようになり、おすすめの シャドーイング に

ついて、よく説明されたサイトを見つけたので実践することになりました。

「理屈でなく体で覚える」 は、ハングルキーボードでも有効だと感じましたが、それ以上

に効果が望めるような気がします。

私のゴールは、「自分の思いを韓国語で伝えられるようになること」 ですが

当面の目標は以下のように感じるところまで行きたいです。


한국어는 공부하면 할수록 어려워져요.
韓国語は勉強すればするほど難しくなります。


韓国・釜山港の釜山大橋
韓国・釜山港の釜山大橋
関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク