118. 心と言動と行動

今年は世界中が異常気象で天災が多発しており、日本も例外でなく9月になっても猛暑

が収まらず、観測史上始まって以来の暑さで連日熱中症による死亡が報告されています。

一昨年あたりから、きっとそうなるだろうとの自分なりの予感があり、現実にそうなると

「やはりなぁ~」と思います。だからといって地球が滅亡に向っているような悲観的な

感じではなく 「変化の過程」 といったイメージです。

巷で話題になっている2012年問題も、12月23日は通常と変わりない天皇誕生日の祝日

に違いないのですが、それは表面上のことで、気づかないうちに着実に変化を続けて

良い世界へと生まれ変わる準備の速度が速まるとの漠然としたイメージを持っています。

具体的にどんな変化があるのか… ひとことで言えば二極化でしょうか。

善い人はより善く、悪い人はより悪く、

幸せな人はより幸せに、不幸な人はより不幸に、

ポジティブな人はよりポジティブに、ネガティブな人はよりネガティブになります。

では、どんな人が善い人で幸せな人でポジティブな人なのでしょう?

それはとても簡単で、心と言動と行動が一致している人 です。  

政治家も大きく分けると、「国の利益を考えて働く人」 と 「自分の利益の為に働く人」

の2種類しかいませんので、それを見極められる人が増えれば世の中は良くなります。

基本中の基本は 「国民が生活して国が成り立っている」 ことで、生活とは、

消費→生産→労働→収入→消費 を繰り返すことです。この繰り返しの中で最も重要な

労働と消費を 「したくても出来ない人」 「出来るけれどしない人」 がおり、それを

どうにかするのが政治の最たる役割ではないでしょうか? 

「したくても出来ない人」 には優しい、「出来るけれどしない人」 には厳しい制度を作り

誠実に愚直に国の利益を考えて働いてくれる人を選ぶ目を養うのも、心と言動と行動を

日頃から一致させていれば、簡単に出来るようになると思います。


アメリカの砂漠・モニュメントバレー
アメリカの砂漠・モニュメントバレー

氷が浮かぶ南極の海
氷が浮かぶ南極の海

そして最後に、このような変化の時に一番大切なのは恐れないことです。
関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク