768. 私の返信メールに対して必ず意思表示をお願いします

当ブログに関心をお寄せくださり、ありがとうございます。

お寄せくださったメールは全て読ませて頂いております。

但し、繰り返しになって申し訳ありませんが

私の返信に関しては、誠に勝手ながら以下のルールに従っております。

<個別の返信は、メール発信者様の背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)

から管理人の私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが了承した場合に限る>


この独自のルールに違和感を覚えた方・意味不明だと思われた方は、

どうか当ブログにメールを送信されませんよう宜しくお願い申し上げます。


私はブログを通してレイキを紹介し、スピリチュアルカウンセラー的なこと、

霊媒(ハイヤーセルフ、背後霊のメッセージをお伝えする役)的なことを行っておりますが

私の所属する霊団の考えに従って、お金を受け取ることは一切ありません。

あくまでも想像ですが、もしも私がお金を受け取ったら、

霊的能力が奪われてしまうのではないかと思っています。

けれど大多数の霊能者が所属する他の霊団は、私の霊団と同様の考えとは限りませんので、

適正価格で行っているスピリチュアルカウンセリングを批判する気持ちは毛頭ありませんし、

メッセージが間違っているとも思いません。

ただ、どうしても注意が必要なのは、たとえ少額でもお金が絡むと

そこに売買契約が発生し「顧客と業者の関係」=「上下関係」が生じますが、

相談者様と私は、あくまでも対等な関係だということです。

レイキに興味を持ち、或いはハイヤーセルフに繋がりたいと考えている方は、

往々にして以前から様々な有料の霊的な相談を経験されている場合も多いので

つい「顧客と業者の関係」のようなつもりでメールされる方が増える傾向にあります。


私はどんなに忙しくてもメール発信者様の背後霊様のSOSを逃すことなく

時間に都合をつけて誠心誠意、最善を尽くして返信しています。

ところが、その返信に対して「梨の礫」の方がいるのです。

誤解してほしくないのは、お礼を述べてほしいと言っている訳ではありません。

お礼なら既に、背後霊様からご丁寧に戴いています。

「梨の礫」がいけない理由は、私とメール発信者様は対等な関係だからです。

メール発信者様の背後霊様から働きかけがなくても、

私が個人的に返信して差し上げたいと感じたメールに対し、

「割り切ること」に慣れるのは容易なことではありませんでした。

ですから返信メールを受け取ったら必ず意思表示のメールを送信してください。

私の返信メールの内容が相談者様の意に叶ったものなら大いに歓迎され感謝され

意思表示のメールはすぐ届く傾向にあります。

けれど本当に重要なのは、そうでなかった場合の対処方法です。

書き方がわからなければ以下を参照してください。

メールを確かに受け取りました。
受け入れられない内容でしたので、新たな方法を模索します。

メールを拝見しましたが、〇〇の部分の意味が理解できませんでした。
もう少し詳しく説明をお願いします。


メール発信者様の背後霊様が非常に厳しいことを言って、

きっと受け入れられないだろうと察したとき、もし「顧客と業者の関係」なら、

今後も顧客であってほしいという気持ちが働き、ありきたりの無難な答えを織り交ぜ

厳しい内容をオブラートに包んで伝える手法をとるかもしれません。

けれど私は対等な関係にあるため、聞こえたまま何も加えず減らさずにお伝えします。

繰り返し申し上げているように、全ての人に自由意志が与えられているので

どのように受け止めても自由ですが、最低限の義務は果たしてください。


こうして何となく伝え辛いことを敢えて書いたのは、

それをせずには先に進めないことをよく知っているからです。


関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク