764. 地元の崖っぷち感を共有した旅

神様はエネルギー の続きです。

ツアーバスは新原・奴山古墳群(しんばる・ぬやまこふんぐん)を車窓から眺めながら、

宗像大社に隣接する「海の道 むなかた館」に到着しました。

宗像大社を参拝する前に、3Dシアターで「沖ノ島」へ渡る疑似体験をして

『神宿る島』宗像・沖ノ島の概要を知ることが目的でした。

2016年1月「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は文化庁から世界遺産に

正式推薦されましたが、2017年5月の国際記念物遺跡会議 (ICOMOS) では、

沖ノ島および周辺の3岩礁のみに普遍的価値を認める一方、

宗像大社の信仰上の価値などは日本国内レベルでの価値にとどまるとして、

沖ノ島と3岩礁以外の構成資産の除外を条件に「登録」を勧告していました。

このような状況下「海の道 むなかた館」では、7月8日の日本時間22時より

世界遺産委員会の審議がポーランドで行われるのに合わせ

世界遺産委員会インターネット中継試聴会の会場設置が進められていました。


海の道 むなかた館 世界遺産委員会インターネット中継試聴会 会場
2017.7.8 16:14  海の道 むなかた館 世界遺産委員会インターネット中継試聴会 会場


そこに漂っていたのは世界遺産決定直前の期待感や高揚感ではなく、

除外勧告による絶望感や諦め感、或いは一縷の望みに賭けるような崖っぷち感でした。

結局、世界遺産委員会の審議開始時間が7月9日16時からと大幅に遅れたことにより

私達は沖ノ島および周辺の3岩礁以外の関連遺産群の全てを

この崖っぷち感を地元の方々と共有しながら巡ることになりました。

沖ノ島と3岩礁のみの登録なら辞退したほうがましだという地元の方々の声も聞かれ、

私もその意見に共感できました。

何故なら、私の感じたエネルギーの強さは以下の通りだったからです。

宗像大社 辺津宮 > 宗像大島 宗像大社 中津宮 > 宗像大島 沖ノ島 沖津宮遥拝所


宗像大社 辺津宮 心学池
2017.7.8 14:37  宗像大社 辺津宮 心学池


宗像大社 辺津宮 神門
2017.7.8 14:39  宗像大社 辺津宮 神門


宗像大社 辺津宮 鎮守の杜の道
2017.7.8 14:53  宗像大社 辺津宮 鎮守の杜の道


宗像大島 宗像大社 沖津宮遥拝所
2017.7.9 10:42  宗像大島 宗像大社 沖津宮遥拝所


宗像大島 砲台跡 東側より望む 沖ノ島
2017.7.9 10:56  宗像大島 砲台跡 東側より望む 沖ノ島


宗像大島 砲台跡トーチカ・風車展望所
2017.7.9 11:06  宗像大島 砲台跡トーチカ・風車展望所


宗像大島 日本海海戦戦死者慰霊碑
2017.7.9 11:13  宗像大島 日本海海戦戦死者慰霊碑
日本兵117人、ロシア兵4830人の慰霊碑
島に流れ着いたロシア兵を島民が丁重に葬ったことから平和と日露友好のシンボルに



宗像大島 宗像大社 中津宮 フェリー「おおしま」より
2017.7.9 12:59  宗像大島 宗像大社 中津宮 フェリー「おおしま」より

つづく

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク