767. 闇に堕ちる人と堕ちない人の違い

個人宛てのメッセージをブログ記事にしたことについて の続きです。

闇に堕ちる人と堕ちない人の違いについて、多くの人に知ってほしいと

Bさんの背後霊様の強いご要望に答えるかたちで、急遽、書くことになりました。

便宜上、当事者を以下の仮称で呼ばせて頂きます。


オルレ(올레)のこと 守護霊様の落胆 Aさん

差出人のない手紙 Bさん

旅客機の酸素マスク Cさん


先ず、ここであげる「闇」は地球が進化した星に生まれ変わる過程で

進化を妨げる存在を指しており、反対に「光」は進化を推進する存在のことです。

よって1人の人間が同時に持ち合わせている

「ボジティブとネガティブ」「陰と陽」とは別の概念です。

よって「闇に堕ちる」とは「地球が進化した星に生まれ変わるのを妨げる存在になった」

又は「ダークサイドに所属するようになった」という意味で、

もちろん、地球だけでなく宇宙全体の平和と安定をも妨げる存在です。


Bさんの背後霊様が気の進まない私を促してまで書いてほしいと希望された理由は、

守護霊様を落胆させたAさんと、背後霊団から見捨てられたかのようなCさんが、

どんなに守護霊様の意向に沿わない行動を取って悲しませても、

背後霊様が絶対に行かないでほしいと懇願した場所に行っても、

人を傷つけたとしても、

自己中心的な態度をとったとしても、

敵をたくさん作ったとしても、

邪神に憑依されて洗脳されたとしても、

絶対に「闇に堕ちる」ことがない特別な人だからです。


ところがBさんは普通の人であるとともに、以前からの持ち前の感性により、

そのような特別な人がいることに気づいて「不公平だ」とぼやいていました。

但し、Aさん、Bさん、Cさんに接点はなく、住んでいる地域も違いますので

Bさんが、AさんCさんと接して「不公平だ」とぼやいた訳ではなく

あくまでも一般論として世の中の蔓延する不公平感を嘆いたにすぎません。

実際のところ、AさんCさんのような人は少数派ですが非常に目立ってしまうため

Bさんからすれば、1人の少数派に出くわしただけで、他にも大勢いるように錯覚し

自分だけが恵まれないと嘆き、誤った道に足を踏み入れることになってしまいました。

その結果、Bさんは闇に堕ちてしまいました。

そうなるとBさんの背後霊様は、今生ではBさんを引き上げることは不可能なため

レイキヒーリングの中止とメールの受信拒否、そして不幸な人がこれ以上出ないように

この経緯をブログに書いてほしいと、2017年7月25日に依頼されました。

それを私のハイヤーセルフも同意したので、こうして重苦しい記事を書いています。

闇に堕ちたBさんが再び這い上がって転生できる状態になるまでの

気が遠くなるような苦難を思うと、力になれなかった私も悲しみでいっぱいです。

けれどBさんの背後霊様は、それとは比較にならない大きな悲しみを抱えながらも、

他の誰かに同じ過ちを繰り返してほしくないという無償の愛から依頼されたので、

どんな批判も恐れず、精一杯、それに答えようと私は決心しました。


いよいよ結論です。

どうしてAさんCさんは、どんなことがあっても闇に堕ちないのでしょうか?

答えは簡単です。スタートラインが違うからです。

この世に生を受けた段階ではなく、それ以前のずっとずっと前から

AさんCさんのスタートラインは、Bさんとは遥かにかけ離れた先にありました。

運命は自分で切り開いて変えることができますが、宿命は変えられません。

よって他人と比較して自分の現状を嘆くことほど愚かなことはなく

昨日の自分より「ほんの少しでも前進しよう!」今日の自分より明日の自分と、

歩みを進めて行けば、次に転生するときスタートラインは先に進んでいるでしょう。

けれど、不公平感を募らせ、それが入道雲のようにむくむくと膨らむと

自分をコントロールできなくなってしまうのです。

AさんCさんもスタートラインが違うことにあぐらをかいて

背後霊団の意向に沿わない行動を続ければ、今生で本当の幸せは掴めません。

スタートラインは違っても背後霊団の意向に沿った生き方が大切だということを

Bさんの背後霊様は悲しみに暮れながらも教えてくださいました。


最後に

何をしても自分の思い通りにならないとき、まるで何かに妨害されているように感じたとき

心を落ち着かせ、耳を澄ましてみてください。

きっと背後霊様が何かしらの合図を発信してくださるでしょう。

それから、AさんCさんのようなタイプの人は非常に少数派ですから、

自分はAさんCさんタイプだから何をしても大丈夫だとは決して思わないでください。

関連記事

766. 個人宛てのメッセージをブログ記事にしたことについて

日頃から当ブログに関心をお寄せくださりありがとうございます。

個人宛てのメッセージをブログ記事にすることは気が重く避けたい行為ですが、

当事者の背後霊様からの強い要望を受け、断れない状況になったときのみ、

第3者が当事者を絶対に特定できないよう細心の注意を払ったうえで引き受けます。

ところが、それらの記事には、きまって大きな反響を頂き、

「とても参考になった」「戒められた」「大きな気づきがあった」と

共感してくださる方が多いので、意義はあったのかもしれないと感謝しております。

反面「私のことでしょうか?」と勘違いしてメールをくださる方もいらっしゃり

その点を、とても申し訳なく思い、この場を借りて心からお詫び申し上げます。

そこで誤解を解くため4つの記事について、もう少し詳しく説明させて頂きます。


オルレ(올레)のこと

守護霊様の落胆

差出人のない手紙

旅客機の酸素マスク


先ず、オルレ(올레)のこと守護霊様の落胆 は同じ方へのメッセージです。

差出人のない手紙 と 旅客機の酸素マスク は各々別の方へのメッセージです。

よって、4つの記事に対して3名の方にメッセージを送ったことになります。

3名とも女性です。

その中で当事者にとって最も厳しいメッセージは 旅客機の酸素マスク で、

背後霊様は私にメールの受信拒否とレイキヒーリングの中止も依頼されました。

私は自分の意思でメールの受信拒否やレイキヒーリングを中止することはなく、

当事者とのやりとりで私が傷ついたと自覚することもありませんでしたが

背後霊様がそこまで徹底して私と当事者を引き離そうとされたのは、

当事者の頻繁過ぎる相談によって、本当に助けを必要としていた他の相談者に

迷惑がかかると判断されたのも理由の1つでした。

他の2名に対しては、各々の背後霊様の意向に従って

メールの受信拒否はせずに、レイキヒーリングも続けています。


全ての人には自由意志が与えられているので、

当事者が背後霊様のメッセージを受け入れるも受け入れないも自由で、

私は単なるメッセンジャーです。

又、私が受けたメッセージの信憑性をどのように受け止めるかも自由です。

但し2006年4月16日、突然降って湧いたように与えられた霊感によって

メッセンジャーとなった私が、自分に納得して相手にメッセージを届けるまでには

例外なく、渾身の力を注ぎ、手順を踏んで、再確認も怠りなく、

最善を尽くしたうえで届けていることだけご理解頂けたら幸いです。

幸せは自分で気づくもの で書いた通り私の個人的な問題は既に解決しました。

それは、もちろん幸運に恵まれたことが一番大きいとは思いますが、

私が背後霊団の意向に沿って行動したことも解決の所以だと信じております。

そのときの喜びを多くの方々にも味わって頂きたいので

粛々と私にできることを続けて行きたいと思います。


どうかメッセージを深読みせず言葉通りに受け取ることを常に心がけてください。

関連記事

765. 田心姫(タゴリヒメ)様のメッセージとオルレ(올레)のこと

崖っぷち感を共有した旅 の続きです。

ハイヤーセルフに繋がっていない状態の単なる世俗的なおばさんである私は、

地元の方々の切実な思いに共感して、

レイキ特有の過去完了形のアファーメーション(肯定的な言葉・宣言)を唱えながら

「海の道 むなかた館」やホテルの部屋で何度もレイキを送りました。

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群は希望通り世界遺産に登録されました
ありがとうございました


多数あったツアー出発日の中で7月8日出発をハイヤーセルフから勧められたのは

「私がこの地で希望通り世界遺産に登録されるようレイキを送ることが目的かしら?」

などと、驕り高ぶった軽率な考えすら過りました。

よって宗像大島に渡り、宗像大社 沖津宮遥拝所で聞いた

沖ノ島の沖津宮 田心姫(タゴリヒメ)様の言葉には意表を突かれることになりました。


本来、世界遺産登録など、どうでもよいことです。
そのようなものにこだわらず、
本当に信仰する者だけが来たらよいのです。



この言葉は『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群に限らず

全ての世界遺産に当てはまると気づかされ、反省しながら有り難く受け止めました。



続いて、九州オルレ(올레)宗像・大島コース に関する話題に移ります。

参加したツアーでは地元のボランティアガイドさんが要所案内を担当されるので

2日目は宗像大島へ渡るフェリー発着所がある神湊港で合流しました。

そのガイドさんが大島に到着後、マイクロバスで目的地に移動中、

車窓の風景を指しながら「この辺りは ’九州オルレ(올레)宗像・大島コース’

になっており韓国の方が大勢訪れ、私も何度か参加したことがあります。」と

説明されて、私は初めてオルレという言葉を耳にしました。

その後、何故かオルレが気になって仕方なかったので自宅に戻ってから

ハイヤーセルフに尋ねてみると……

時間に余裕ができたら、ぜひブログで紹介するとよい。

と言われ、調べてみるとオルレは「家まで続く道」を意味する済州島(チェジュド)の

方言で、美しい小道・曲がりくねった道・忘れられた昔の道などを指すそうです。

九州オルレの詳細は、九州旅ネット に詳しく載っていましたが

韓国人が日本国内で「オルレ」というトレッキングイベントを開催することに

否定的な日本人が多いことも知りました。

けれど自分では参加することは確実にないであろう山が苦手な私が、

オルレのことが無性に気になって、こうして書いているのは、

どうしても間接的にメッセージを届けてほしいと考えておられる

ある方の背後霊様の意向だからです。

オルレは困難な人生の目的を持て余している彼女に向けたヒントだそうです。

無関係なのに最後まで読んでくださった皆さまにはお詫び申し上げます。


今回の旅を通じて多くのことを学びました。

人の悩みは千差万別、通り一遍の励ましや慰めの言葉は通用しません。

当事者にどれだけ寄り添えるか……

市杵島姫(イチキシマヒメ)様のメッセージが大きな励みになりました。

関連記事

764. 地元の崖っぷち感を共有した旅

神様はエネルギー の続きです。

ツアーバスは新原・奴山古墳群(しんばる・ぬやまこふんぐん)を車窓から眺めながら、

宗像大社に隣接する「海の道 むなかた館」に到着しました。

宗像大社を参拝する前に、3Dシアターで「沖ノ島」へ渡る疑似体験をして

『神宿る島』宗像・沖ノ島の概要を知ることが目的でした。

2016年1月「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は文化庁から世界遺産に

正式推薦されましたが、2017年5月の国際記念物遺跡会議 (ICOMOS) では、

沖ノ島および周辺の3岩礁のみに普遍的価値を認める一方、

宗像大社の信仰上の価値などは日本国内レベルでの価値にとどまるとして、

沖ノ島と3岩礁以外の構成資産の除外を条件に「登録」を勧告していました。

このような状況下「海の道 むなかた館」では、7月8日の日本時間22時より

世界遺産委員会の審議がポーランドで行われるのに合わせ

世界遺産委員会インターネット中継試聴会の会場設置が進められていました。


海の道 むなかた館 世界遺産委員会インターネット中継試聴会 会場
2017.7.8 16:14  海の道 むなかた館 世界遺産委員会インターネット中継試聴会 会場


そこに漂っていたのは世界遺産決定直前の期待感や高揚感ではなく、

除外勧告による絶望感や諦め感、或いは一縷の望みに賭けるような崖っぷち感でした。

結局、世界遺産委員会の審議開始時間が7月9日16時からと大幅に遅れたことにより

私達は沖ノ島および周辺の3岩礁以外の関連遺産群の全てを

この崖っぷち感を地元の方々と共有しながら巡ることになりました。

沖ノ島と3岩礁のみの登録なら辞退したほうがましだという地元の方々の声も聞かれ、

私もその意見に共感できました。

何故なら、私の感じたエネルギーの強さは以下の通りだったからです。

宗像大社 辺津宮 > 宗像大島 宗像大社 中津宮 > 宗像大島 沖ノ島 沖津宮遥拝所


宗像大社 辺津宮 心学池
2017.7.8 14:37  宗像大社 辺津宮 心学池


宗像大社 辺津宮 神門
2017.7.8 14:39  宗像大社 辺津宮 神門


宗像大社 辺津宮 鎮守の杜の道
2017.7.8 14:53  宗像大社 辺津宮 鎮守の杜の道


宗像大島 宗像大社 沖津宮遥拝所
2017.7.9 10:42  宗像大島 宗像大社 沖津宮遥拝所


宗像大島 砲台跡 東側より望む 沖ノ島
2017.7.9 10:56  宗像大島 砲台跡 東側より望む 沖ノ島


宗像大島 砲台跡トーチカ・風車展望所
2017.7.9 11:06  宗像大島 砲台跡トーチカ・風車展望所


宗像大島 日本海海戦戦死者慰霊碑
2017.7.9 11:13  宗像大島 日本海海戦戦死者慰霊碑
日本兵117人、ロシア兵4830人の慰霊碑
島に流れ着いたロシア兵を島民が丁重に葬ったことから平和と日露友好のシンボルに



宗像大島 宗像大社 中津宮 フェリー「おおしま」より
2017.7.9 12:59  宗像大島 宗像大社 中津宮 フェリー「おおしま」より

つづく

関連記事

763. 神様はエネルギー

無事に戻りました の続きです。

今回は特に際どい内容ですので「意味不明」「受け入れられない」と

感じられましたらスルーしてくださいますようお願いします。

宗像三女神様のメッセージをお伝えする前に、

私が日頃から神社を参拝して拝殿等でメッセージを受ける時の手順を紹介します。


先ずお賽銭を入れ二礼二拍手一礼(出雲大社を除く)してから合掌して、

(御祭神の名前)様 ありがとうございます。
(自分の住所を都道府県名から番地まで)の(自分の名前)が参りました。

と、心の中で唱えると場合にもよりますが、強いエネルギーが体感できます。

エネルギーの強弱やタイプは様々で、時には立っているのが大変なこともあります。

その感覚を例えるのは難しいのですが、地震が起きたような感じの時もあれば、

水中で正面から潮流が来たような感じの時もあります。

もちろん全く何も感じない時もあります。

そして私の場合は水中で正面から潮流が来たような感じ、

いわゆる アゲンスト(against 向かい風)と呼ばれている状態になった時、

メッセージを受け取ることが多くあります。

重要なのは名前を名乗った後は間髪を入れずに電光石火のように降りることです。

潜在意識を呼び覚ます時間も、邪神が悪戯にやって来る間もありません。

だから少し間が空いてから降りたメッセージは信用しないことにしています。

ここで何も聞こえなければ、ありがとうございました と言って一礼して終わります。

どんな場合でも神社・仏閣で願い事はしません。

その上で、メッセージは自宅に戻ってからハイヤーセルフに信憑性を確認し、

最終的には振り子(ペンデュラム)でも念を押します。


前置きが長くなってすみませんでした。

ここからが宗像三女神様のメッセージですが、市杵島姫(イチキシマヒメ)様と

湍津姫(タギツヒメ)様のメッセージには違和感を覚える方も多いかと思います。

「神様がどうしてkaoruさんに感謝するの?」と思われても仕方ない内容だからです。

これは私の相談者に、市杵島姫(イチキシマヒメ)様と湍津姫(タギツヒメ)様に

ご縁のある方がおり、私は自宅で、市杵島姫(イチキシマヒメ)様からのメッセージを

度々受けているという特殊な事情によるものですから、ご理解を宜しくお願いします。


三女 宗像市田島の辺津宮 市杵島姫(イチキシマヒメ)様
よく来てくださいました。
いつも助けてくださりありがとうございます。
貴方の〇〇〇は全て合っております。
今後とも相談者のお導きを宜しくお願いします。


長女 沖ノ島の沖津宮 田心姫(タゴリヒメ)様
本来、世界遺産登録など、どうでもよいことです。
そのようなものにこだわらず、
本当に信仰する者だけが来たらよいのです。


次女 宗像大島の中津宮 湍津姫(タギツヒメ)様
ようこそ、お越しくださいました。
心から歓迎いたします。
いつもありがとうございます。



市杵島姫(イチキシマヒメ)様の 貴方の〇〇〇は全て合っております。 は、

ご縁のある相談者に限らず他の相談者に対して行った私のアドバイスは全て合っており、

レイキをマスターして頑張っているのに解決できない難しい問題を抱えた相談者に対して

事前に私がハイヤーセルフから受けた打開方法の啓示も全て合っているという意味です。

(この件に関する個別のメールは順次行いますので今暫くお待ちください。)

今後とも相談者のお導きを宜しくお願いします。 は、

ご縁のある相談者に限らず、現在・過去・未来の全ての相談者を指しています。

但し一定のルール

個別の返信は、メール発信者様の背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)から

管理人の私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが了承した場合に限る


により返信できない皆様には、この場を借りて心からお詫び申し上げます。

私は単に霊感がありブログを通じて巡り逢った相談者に、市杵島姫(イチキシマヒメ)様・

湍津姫(タギツヒメ)様のメッセージを伝えているに過ぎません。

ところが、市杵島姫(イチキシマヒメ)様・湍津姫(タギツヒメ)様は

当事者以外の相談者にも手を差し伸べてくださるようです。

又、ご縁のある相談者にはソウルメイトに当たる方がおり、

ソウルメイトの方にご縁のある別の神々様も見えない手を差し伸べてくださるようです。

このことには本当に驚きと感動を覚え、

全ては1つに繋がり創られていると実感することができた2日間でした。


つづく

三か所の宗像大社・美しい宗像大島の風景・沖ノ島・海の道むなかた館の画像、
日韓交流「九州オルレ(올레)宗像・大島コース」に関すること、
長女 田心姫(タゴリヒメ)様の世界遺産登録に対するメッセージについては、
メール対応が一段落してから紹介させて頂きます。


関連記事
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク