757. シルバーバーチの霊訓は究極の物差し

ある日突然、私の霊感が強まり、生き方まで変えることになって間もなかった頃、

ハイヤーセルフは、「シルバーバーチの霊訓は究極の物差しだ」と教えてくれました。

不思議なことが立て続けに起きて、これまでの価値観が全て崩れ去り、

何を信じて、何を疑えばよいのか、わからなくなったとき、

「シルバーバーチの霊訓を完全否定する人」と「シルバーバーチの霊訓を盲信する人」

に注意すればよいと、以下のように非常にシンプルな選別方法を提示されました。


シルバーバーチの霊訓は、一貫性があり辻褄の合わない記述が全く無い本物の霊界通信である。

よって、それを完全に否定するスピリチュアル関係者・霊能者は偽物だと思って構わない。

但し、シルバーバーチの霊訓を盲信するあまりに他にも存在する真実まで否定するのなら

その人にとって、単なる怪しい新興宗教「シルバーバーチ教」と化しているから注意が必要。



それから歳月が流れ、この選別方法に頼らなくても明確な答えが引き出せるようになり

シルバーバーチの霊訓が究極の物差しだったことさえ忘れかけていたとき、

ある江原啓之氏の熱烈なファンと接する機会があり、思い出しました。

彼女と話をすると「江原さん」という言葉が数えきれないほど登場します。

「江原さんが言っていた」「江原さんが薦めている」「江原さんの本によると」etc.

私は以前から江原啓之氏を信頼できる霊能者だと思っています。

けれど彼のソウルメイトでもない限り、一言一句の全てを信じ切ることに抵抗を覚えます。

私に寄せられる相談メールの答えは、たとえ全く同じ質問であっても

所属霊団、魂の故郷、背負っているカルマの違いによって各々異なります。

だから盲信は怖いのです。


最近、動画サイトで『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』というドラマを面白く観ています。

吉祥寺で不動産屋を営む双子の姉妹(都子と富子)が吉祥寺に憧れを抱いて訪れる

女性客に寄り添い、その人にぴったり合った「街」の物件を紹介する物語です。


無題
テレビ東京ホームページより


富子&都子) 吉祥寺やめようか!

富子) 吉祥寺はいい街だけど、吉祥寺だけがいい街じゃない。

都子) そして自分にぴったりくる街が必ずある。

富子) 例え1人ぼっちになっても寒くないね。



富子と都子の決まり文句は物件探しに限らず、あらゆることに通じるので奥が深いです。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク