755. レイキを途中まで学んだ方へ 2

このコーナーはレイキを途中まで学んだ方が抱く疑問に答えるために設けました。

(これからレイキを学んでみたい方は、先ず こちら をご覧になってください。

レイキを途中まで学んだ方へ 2 <誤解されやすい事柄>


「当ブログでレイキを学んでいる方」と「当ブログ以外でレイキを途中まで学び当ブログで

続きを学ぼうとされている方」からのご質問の中で、誤解が多いものについてお答えします。


質問1. 
レベル1が修了し、21日間のセルフヒーリングが修了していない状態でも、
セルフヒーリングを行いながら、並行してレベル2に進みたいと思ったときは
「自分の心とよく向き合って決めてください。」と書いてありますが、
よくわからないときは、どうすればよろしいですか?
回答
実際にセルフヒーリングを行ってみて、心地良さ・温かさ・痛みや不快感がほんの少しでも
和らぐ感覚などが全く感じられないときは、しばらくセルフヒーリングを続けてみて
何かしらの変化を感じるようになってから、レベル2に進むことをお薦めします。


質問2.
レイキヒーリング、レイキのよる邪気祓いは、日中の太陽が出ている間でないと
効果がありませんか? 仕事柄、深夜でないと時間が取れません。
回答
日中の太陽が出ている間に行う必要があるのは、レイキのアチューメント(伝授)のみです。
白夜の季節がある地域では白夜に行っても問題ありません。
アチューメント(伝授)以外は太陽の有る無しに関わらずいつでも行うことが可能です。


質問3.
私にはアチューメント(伝授)は不要ですか?
(レイキの概要を理解してシンボルとマントラを覚えるだけで
レイキが使えるようになると勘違いされる方が結構いらっしゃいます。)
回答
「シンボルとマントラを覚えるだけでレイキが使えるようになった」方は、
私が実際に関わった中に2名いらっしゃいました。
お2人の特徴は…
・どんなに悪天候であっても自分が行く先々だけは雨雲を掻き分けるように晴れる。
・自分に対し無礼な態度を取った人は全て不幸のどん底に落ちてしまう。
(但し、相手が不幸になることは決して望んでいない。)
・何が起きてもお金に困ることがない。
・全て自分の考えた通りの結果になる。
・自分の身内でなくても小さい子どもが大好き。
・大の旅行好きで、目的地のみならず道中も大いに楽しめる。
・前もって綿密に準備しなくても失敗することはない。
・勉強熱心ではなく、生まれ持った才能だけで行動し成功できる。

上記が1つでも当てはまらなければ、地道にアチューメント(伝授)を行ってください。


質問4.
レベル2(セカンドディグリー・中伝・奥伝前期)自己アチューメント(伝授)の方法 と
レベル3(サードディグリー・奥伝・奥伝後期)自己アチューメント(伝授)の方法 で
(10.  ヒーラー が ヒーリー の足の甲に置いた手を放し、合掌している ヒーリー の手を
ヒーラー が両手で覆っている状態で、シンボルとマントラを 送り込む イメージを浮かべる 
(時間は15秒)とありますが、ここだけ15秒では短すぎませんか?
回答
表示時間は 送り込む 時間を除いた「イメージする時間」を表示しています。
よって、「合掌している ヒーリー の手をヒーラー が両手で覆っている状態」
を保つのは15秒で十分です。


質問5.
ハイヤーセルフと意思の疎通が図れる(繋がっている)つもりですが、自己アチューメント
(伝授)が成功しているか尋ねたら「レイキは知らない」と言われました。
ハイヤーセルフにも知らないことがあるのは普通ですか?
回答
ハイヤーセルフは高次元のあなた自身です。
あなたが知っているのにハイヤーセルフが知らないことは1つもありません。
「邪神に遊ばれた」と考えてください。
そのような状況が起きないようにするためには、身の回りの整理整頓と掃除が大切です。
又、古着・リサイクル品には邪気が籠っていることがありますので、購入したらすぐに
古着は洗濯し、洗濯が不可能な品はホワイトセージ等を焚いて浄化してください。
尚、火を扱う際は周りに引火しないよう、先ずは不要なゴミなどを捨て、
十分注意しながら行ってください。
ハイヤーセルフか、そうでないかを判断するときには、自分だけが知っていること、
従事している職業の専門的な知識などを尋ねてみると良いでしょう。

関連記事
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク