322. 紀尾井 江戸 邦楽の風景(六)朝鮮通信使

7月19日(木)18:30~ 公益財団法人 新日鉄文化財団 紀尾井ホール にて開催された

『紀尾井 江戸 邦楽の風景(六)朝鮮通信使』に行ってきました。


そもそも朝鮮通信使の始まりは、室町時代に足利義満が60回以上も朝鮮に送った使者の返礼

として日本に派遣されたことによるものでした。室町幕府が倒れ戦国時代を経て豊臣秀吉が

天下統一を果した後は不幸な侵略の歴史と共に途絶え、再開は徳川家康が江戸幕府を開き、

朝鮮との和解に情熱を傾けて戦後処理(捕虜返還など)を行ったことから発展しました。

戦後処理は第3回目でようやく終わり、その後は第12回まで両国の信頼関係を深める使者

として朝鮮李王朝の信書を携えて来日し、徳川幕府将軍の返書を持ち帰りました。


今回参加したイベントは、第8回目 1711年(正徳元年) に来日した使節が演奏した音楽

に焦点を当てたものです。毎回300人~500人を数える使節団の約1割が音楽の関係者で

占められていた記録から、朝鮮王朝が儒教思想に基づいた 「礼と楽の結びつき」 を重要視

していたことが伺えます。第8回目の李氏朝鮮国王は、第19代 粛宗(スクチョン)で

使節総勢500名、正使(使節のリーダー)は趙泰億(チョ・テオク)、これを迎えたのは

江戸幕府 第6代将軍 徳川家宣、総責任者 新井白石、主な目的は 「家宣襲封祝賀」 でした。


少し横道にそれますが第19代 粛宗といえば、韓国ドラマファンにはお馴染みの 「トンイ」

に登場する王様で チ・ジニ さんの凛々しい姿を想い浮かべる方も多いでしょう。

粛宗は46年の在位中に多くの政治的功績を残した絶対的王権を持った最後の王と言われ、

朝鮮通信使の派遣も3回行っています。

対する第6代将軍 徳川家宣 の在位は僅か3年で、かの有名な第5代将軍 と 第8代将軍の

狭間で陰が薄い印象が否めず、実際ドラマなどの作品に登場した記憶もありませんでしたが

どうにか検索して見つけました。ドラマ 「徳川風雲録 八代将軍吉宗」 で 橋爪淳 さんが

演じた 家宣 は、温和な性格で学問好き、上記の新井白石から歴史を熱心に学んだ記録が

残っているそうです。対照的な2人の画像から、同じく一国のトップでありながら2人が

置かれた状況の違いが何となく伝わってくるような印象を受け、1711年(正徳元年)の

第8回 朝鮮通信使 への興味は一段と深まってきました!


粛宗 (チ・ジニ) ドラマ「トンイ」より 家宣(橋爪淳) ドラマ「徳川風雲録八代将軍吉宗」より
左:粛宗 (チ・ジニ) ドラマ「トンイ」より
右:家宣(橋爪淳) ドラマ「徳川風雲録八代将軍吉宗」より


ここから、ようやく本題に入り今回のプログラムは以下の通りです。


第一部 
対談 
出演 : 黄俊淵(ファン・ジョンヨン) ソウル大学 教授
徳丸吉彦 聖徳大学 教授・お茶の水女子大学 名誉教授
李知宣(イ・ジソン)淑明女子大学 助教授 

第二部 
韓国儀礼楽 「大吹打」 「吹打」 「剣舞」
演奏・舞:韓国国立釜山国楽院 

舞楽 「陵王」
演奏・舞:伶楽舎(れいがくしゃ・日本の雅楽演奏グループ)

コラボレーション舞楽 「納曾利」
演奏:韓国国立釜山国楽院  舞:伶楽舎



紀尾井 江戸 邦楽の風景(六)朝鮮通信使
「紀尾井 江戸 邦楽の風景(六)朝鮮通信使」 チラシ表


初めて入った紀尾井ホール、伝統的なヨーロッパの箱型スタイルと広いオープンステージに

新鮮な感動を覚え、その余韻にひたりながら始まった第一部では、ステージのスクリーンに

映し出された関連資料に合わせ、日韓の著名な 「音楽学」 の先生から概要説明を受け…

朝鮮から長い旅を経てようやく江戸に到着した通信使一行が、まさに紀尾井ホールがある

この地で朝鮮音楽を演奏し、日本雅楽を聴いたとう事実の重みを感じることが出来ました。

蛇足ですが紀尾井は、「州徳川家中屋敷」 「尾徳川家中屋敷」 「彦根伊家中屋敷」

に由来し各家の文字を1文字ずつとって町名にしたそうです。


説明が終るとそのまま第二部に入り、正面ステージを凝視していたところ、ホール後方から

何やら大きな楽器の音が響き、黄色い衣装の使節団が演奏しながら行進して来ました。

演目は 「大吹打(テチュイタ)」 という使節が行進また重要な場所に到着した時に演奏

された太平簫(テピョンソ)が中心となる音楽で今回のイベント中一番印象に残りました。


韓国国立釜山国楽院 朝鮮通信使 大吹打
韓国国立釜山国楽院 朝鮮通信使 大吹打(テチュイタ)

画像向って右側の2人が 太平簫 (テピョンソ) の担当です。

それ以降の演目や全般的な内容説明は非常に難しいので関連記事を保存しました。

興味があればぜひ以下を参照してください。

朝鮮通信使関連 2012/07/06 東洋経済日報 「<韓国文化>朝鮮通信使の音楽に触れる」

日本の雅楽関連 2012/07/02 読売新聞 「日韓の雅楽、合同上演 双方の特色 前面に」


これまで機会が無かった日本の雅楽に触れ、画期的な両国のコラボレーション舞楽まで堪能

出来た今回のイベントにより、過去の不幸な歴史を乗り越えて真の友好関係を築くためには

良好な関係の時の記録を後世に残す作業も非常に重要であると気づかされました。
関連記事

321. 涼しいテンプレート

酷暑お見舞い申し上げます。あまりに暑いので 涼しいテンプレート に変えてみました。

月並みですが熱中症には十分注意して、時差のあるオリンピック観戦はほどほどにして

疲れが溜まらないよう十分に睡眠をとってください。

私に一番合っている夏バテ対策は 焼き鳥のハツ(塩)を食べることです。

即効性があるので、食べるとすぐに シャキッ とします。

どうか皆さまも御自身に合った対策を見つけて酷暑を乗り切ってください!


ガラスチップ
ガラスチップ Photo by (c)Tomo.Yun
関連記事

320. 肩肘をはらない談話室  「金順子が語る今思う事 」

7月25日(水)14:00~ NPO法人ハヌルハウス が 第2・第4 水曜日に開いている

「肩肘をはらない談話室」 に、私が大ファンであり尊敬する 韓国伝統舞踊家 金順子

(キム・スンジャ)先生がお見えになると知り、仕事を午前中で切上げて参加しました。


ハヌルハウスは 映画監督 前田憲ニ氏が主催するNOP法人で活動の目的は以下の通りです。

日本人、在日韓国・朝鮮人、韓国・朝鮮人、中国人等東アジア地域の市民を対象に、
歴史学、語学、文学、民俗学、考古学又は絵画、映像等による人的交流をもとにした創造
的文化活動を行い、東アジアの歴史と文化について相互理解を深めると共に、創造的
文化活動に関わる情報を発信し、市民による国際交流の促進に寄与することを目的とする。



度々このブログや HP で触れているように、主人公が脱北者の韓国映画 「タイフーン」

との出逢いが私の生き方を変えるきっかけになったので、交流を日本と韓国だけに限定

するのは不本意なことです。よって前田監督が活動対象を広く明確にされていると

Web上で事前に読ませて頂き、その点に共感したことも参加を決めた理由のひとつです。


座談会のタイトルは 「金順子(キム・スンジャ)が語る今思う事 」 でした。

在日二世として宮城県に生まれ18歳で韓国文化芸術に出逢い踊り続けた半生は、どう考えても

平坦なはずがありません。日本でも本国でも差別と向き合いながら様々な苦難を経験されたと

容易に想像できますが、それに関してはあまり多くを語らず、明るく飄々と乗り越えて力強く

生き抜いてこられた先生のお話には説得力があります。今回は日本の老人施設を慰問した時に

心と口を閉ざし続けていた在日の方が語り初めてくれた、日頃は韓国に無関心な日本人の

お年寄りが自然に太鼓のリズムに乗って体を動かし「また来てほしい」 と切望されたなど

のエピソードを伺いました。そして、そのように大勢の 「心と魂」 を鼓舞する先生の

並外れたパワーの源は、以下の言葉に集約されていると私は確信しました。


「憎んでいる人は誰1人もいません。出逢った全ての人に感謝しています。」



実際この言葉を聞いて、どれくらいの人が言葉通りに受け取れるでしょうか?

「誰1人も憎んでいない?」 「全ての人に感謝?」 「そんなはずはない。綺麗事だ。」

そう思われても仕方ないほど、「出逢った全ての人を憎まず感謝する」 のは普通の人間には

至難の業です。私自身それが理想であり、常にそうしているつもりでも、少し油断すると

心の片隅で過去の苦い体験が充満し、赦したはずの恨みが再び燻ってしまいます。

直接関わった方でしたら理解して頂けると思いますが、先生の言葉には嘘偽りがありません。


本当に誰も憎んでいないからこそ輝いておられるのです。


言葉を変えれば、いかなる環境に生まれ育ったとしても、いかなる困難が襲いかかろうと、

誰にでもチャンスは与えられているはずなのに憎しみを捨てられないからこそ、成功出来ない、

幸せになれない、輝けないのです。

個人単位でも難しい 「赦し」 は、それが家族や地域社会や国家間の問題になれば、ますます

複雑で困難な行為でしょう。 「赦しを乞う立場」 にある場合は特に 「全てを赦しましょう!」 

とは言い難いものです。それでも私が敢えて言う理由は、赦しの本質が、相手のためになる

ものではなく、自分のためになるものだと気づいているからです。

どうか、自分自身の、自分の家族の、自分の地域の、自分の国の、発展と幸せと輝きのため

全てを解放して赦してください。金順子先生の輝きが真実を証明しています。


アットホームな座談会は終始穏やかな雰囲気が漂っていたのでリラックスして楽しめました。

100% 共感出来る主義主張を持った人を探し求めるより、少しでも共通点があればお互いに

歩み寄みより理解を深め合うことも重要だと感じた有意義な集いだったと思います。

参加者の皆さま、ありがとうございました。
関連記事

319. 韓国語 Skype(スカイプ)レッスン再開

2010年2月から約1年間韓国語 Skype(スカイプ)レッスンを続け、その後はレッスンで

使用したテキスト(基礎から学ぶ韓国語講座)の復習を兼ねたシャドゥイングをしながら、

多摩交流センターのサークル 「ハングルで話そう会」 に入会し、合間にスピードラーニング

の聞き流しもして精力的に勉強をしてきたつもりです。

けれども、もともと向いていないのか、年齢的要因か、フルタイムの仕事により学習時間が

少な過ぎるのか、いざとなると覚えた筈の言葉が全く出てこなくて会話になりません…

それでも 「韓国語の文章を朗読すること」 「韓国語(文字の)を日本語に翻訳すること」は

結構出来るようになり、勉強した甲斐が皆無という訳ではないことが救いです。


何があっても諦めず、出来なくても落胆せず、続けてさえいればいつか必ず交流に役立つ…


そう思いながら 「新たな出逢いは自分の足で」 をモットーにして地道な活動を続けています。

そんな中、Web上では唯一の窓口であるPCメール宛てに届いた1通のメールに促され、

久しく立ち上げていなかった スカイプソフト の画面を再び開きました。


文面から躍動感と誠実さが伝わってくるメールに感心しながら、何度かやりとりしたあと

スカイプで会話し、形式上は 「韓国語↔日本語のエクスチェンジ」 をすると決まり、でも

実質的には 「私が一方的に韓国語を習う」 ことになりました。

相手の方は日本語が堪能な韓国人、現在の私には教えることが何も無いので、ひたすら

ご好意に甘え、いつか別の方法で恩返し出来たらと考えています。


使用するテキストは、音声付でWeb上から無料でダウンロードが可能な

韓国政府が制作した 女性結婚移民者のための韓国語会話 中級 を選びました。

韓国に移り住む意思は全くありませんが、生活に密着した女性向きの内容であること、

自然なスピードの日常会話が中心で応用がききそうなこと等が選んだ決め手です。

主人公は韓国人男性と結婚したフィリピン人女性 チャネさん、音声のナレーターは

木内明著 基礎から学ぶ韓国語講座 初級・中級に登場する 別府(旧姓 浅井)ゆかりさん

役の 崔英伊 (チェ・ヨンイ) さん にそっくりで、たぶん同じ方だと思います。

ゆかりさん による数々のユニークな名言を想い出しながら、チャネさん と一緒に

韓国語を学ぶ気持ちで最後の25課まで完走できたら嬉しいです。
関連記事

318. 「つながるカタチ」 は色々あるけれど

お陰さまでブログの不具合はすっかり落ち着きましたが、多忙により更新やメールの返信等が

滞っており申し訳ありません。又、半年ほど前から Facebook へのお誘いメールが国内外より

届くようになりましたが Facebook に限らず会員制ソーシャルネットワークサービスの参加

には抵抗があり現時点では応じられませんので、ご了解を頂きますよう宜しくお願い致します。

又、当ブログに設置していた 「FC2ブログのメールフォーム」 は、主に韓国からのメールが

文字化けし、ご迷惑をおかけしましたので直接メールソフトが立ち上がる設定に変更しました。

ブログの左側にある ↓ この画像をクリック(タップ)して頂くとメールソフトが表示されます。

       メール

「つながるカタチ」 は色々あるけれど…

未だに 1987年~2006年 まで存在した Nifty-Serve (パソコン通信サービス)の ID を

そのままメールアドレスに使っている私、もはや時流に取り残されアナログ回帰の道を

突き進んで行く方が自分らしいと思うようになりました。
関連記事
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク