114. 驚愕!83歳の美声 ②

~自分との闘い~

僭越ながら人生観の方向性で、偉大な兼子先生と私自身に近いものを感じた点について

その根底に、ご両親の存在が浮かび上がりました。

母 「やす」 は、清元 をしていた生家の店で甲斐甲斐しく働く姿を、

兼子先生の父 「隆道」 に見初められ、それを知った祖父 「兼吉」 が

「お宅の遣り手の娘さんを、うちのいるかいないかわからないおとなしい倅のために

ぜひお嫁にください」
と直談判を成功させたエピソードがあるほど、しっかりとした

娘に対して躾が厳しい方でした。先生が幼い頃から母が口癖のように言っていたのは、

「あのね、身分で決して人を軽視してはいけないよ。

上には上があり、下には下があるってことを考えなければいけないよ。

上ばっかり見てはいけない。不幸な方々のことも見なくちゃあいけないよ」


そして、「お前は感心だね。不平を言わないことと、妹達と喧嘩しても決して

告げ口をしないし、陰口も言わないね」
と褒めることもあったといいます。

母の言葉を生涯守り、表面的な肩書きだけで人を判断せず、人間性そのものに

重きをおいた姿勢が特に共感出来る点です。

一方、お婿さんを早くもらって鉄工所の手助けをしてほしい家族が、先生の音楽学校

(現東京芸術大学)行きを大反対する中、おとなしい父だけが見方をしてくれました。

「お前がやりたいと思うならやりなさい。女の人というのは結婚しても幸福になる

とは限らない。不幸が訪れてくるかもしれない。そんなときに何か頼りになるものを

持っていなくちゃあいけないから、大変良いことだ。そのかわり必ずやり遂げろよ」


父の言葉通り、いかなる困難があろうとも、「音楽の道」 を究めた先生。


「いかなる困難」の中には、1923年の関東大震災、1941年~1945年の太平洋戦争など

逃れようの無い未曾有の天災や戦争も含まれているうえ、1914年に結婚して柳家に入り

「大変な家に飛び込んでしまったと思ったけれど自分が求めて入った生活なのだから、

自分で切り抜けなければしょうがないなと思い一生懸命努力しました」
と、言われていた

ように結婚生活はご苦労の連続であったようです。


「まわりとの闘いも大変だが、自分との闘いこそ一番骨が折れる」

事を成し遂げるための闘いは、自分との闘いであることを再確認させられた先生の言葉です。


柳兼子 同社女子大学より
柳 兼子 同志社女子大学HPより(左) NPJ通信より(右)

つづく 
関連記事

113. 驚愕!83歳の美声 ①

~壮絶な人生~

だいぶ間が空いてしまいましたが、98. 猛暑お見舞いに真冬の丹澤を の続きです。

韓国文化院で 「柳宗悦 朝鮮とその藝術」展 に感銘を受けてから、自分なりに理解を

深めてゆきたいと、時間を見つけて関係の資料に接しているうちに、偉業の影にある

偉大な声楽家の奥さま、兼子さんの支えの大きさに気づきました。

「民藝美学」について私の考えを書く以前に先ず、奥さまについて、もっと知りたいと

CDと書籍を取り寄せ、小池 静子 著 柳宗悦を支えて 声楽と民藝の母・柳兼子の生涯
 
を読み終えたところです。

ひとことでは表せない「壮絶な人生」 に圧倒され、感動と共感と尊敬の大きな拍手を

贈りたい気持ちですし、私自身の人生観を肯定されたような嬉しさも覚えました。

スケールは雲泥の差という言葉さえ当てはまらない程、私にとって雲の彼方の人では

ありますが、人生観の方向性が近いと僭越ながら感じました。

柳宗悦先生は民藝運動の創始者で、生涯に渡り信念を貫いた立派な方ですが、気難しく

家庭のことは顧みず、奥さまには活動に関する費用のみならず生活面でさえも頼っており、

現代なら、すぐにでも愛想をつかされ離婚となるケースだと思わざるを得ませんでした。

「兼子さん」などと気安く書くのは申し訳ないほど偉大な方だとわかったので、今後は尊敬

と親しみを込めて「兼子先生」と呼ぶことにします。


兼子先生は、明治25年(1892年)東京本所の大きな鉄工所を営む裕福な家に生まれ、

6歳から長唄を習い始めました。生まれつき体が弱く家族から「病気の問屋」と言われて

いましたが、長唄が性に合ったのか次第に健康を取り戻し、音楽学校(現東京芸術大学)

に通い出すまで続き、声楽の道に進むきっかけとなったようです。

少し横道にそれますが、長唄の師匠と初めて逢った時の様子が書かれていた部分で、

私にとって新鮮な発見がありました!

長唄の師匠は手拭を縫い合わせた浴衣を着て猫を抱いていた。

当時の浴衣は方々からの配り物などの手拭地を縫い合わせて仕立てられる習慣があった。


配り物の手拭地で浴衣を仕立てる話、初めて知りましたが、粋で憧れます。


83歳で初めてのレコーディングをされた時の歌声を、前回に続きお届けします。

オーディオ評論家 菅野沖彦さんによる記述 を見つけましたので興味のある方は、

合わせてご覧ください。小林道夫さんのピアノも最高に素晴らしく、特に気に入った

『いとゞしく 古歌二十五首より』 です。


いとゞしく 古歌二十五首より 柳兼子
← をクリックするとスタートします

いとゞしく 古歌二十五首より 柳 兼子 

作 詞:在原業平
作 曲:信時 潔
歌 手:柳 兼子
ピアノ:小林道夫

いとゞしく 過ぎゆく方の 恋しきに うらやましくも 帰る波かな

つづく 
関連記事

112. 会話中に「シー」と大きな音を立てて息を吸う人

仕事の関係で、会話中や時にはそうでない時にも 「シーーー」 又 「スィーーー」 と

大きな音を立てて歯の隙間から頻繁に息を吸う人がおり、気になっています。

耐えられないほどの苦痛ではありませんが、もし1日中一緒にいたら、

うるさいかもしれません。仕事が出来てとても良い人だと思うのですが、

その音が 「横柄な感じ」 「品が悪い」 と感じる人もいるみたいなので、

明らかに損をしているようです。どうして頻繁にそうしてしまうのか、

ネットで検索してみたら MSN相談箱 で答えが見つかりました。

話しているときに音を立てて息を吸う人 質問者が選んだベストアンサーには、

『息を吸う(吸気)時は、交感神経という緊張の神経が優位の状態です。

逆に吐く時(呼気)は、リラックスの副交感神経優位です。

ですから、意識した吸気をしてしまうというのは、

緊張状態にあることを示していると思います。

逆に吐く息に力を込めるとリラックスできるんです(笑う、歌う・・)

で、「対人恐怖症」 というのがありますが、これは日本人の風土病ではないか?

と言われているくらい、日本人に多いんだそうです。 

大陸育ちの人には、ほとんど見られない心の状態なんだそうですから、

仰るとおり、人付き合いに緊張しやすい日本人ならではの症状かも知れません。』


そして、もう1人の方の答えも、

『心理的に緊張している人でそうなる人がいます。ある種のパニックです。』


はっきり理由がわかりすっきりしました。

気の弱い人、緊張しやすい人が無意識にやってしまうのですね。

せっかく頑張っていても誤解されては気の毒なので、緊張しないようにリラックス

する方法を自分なりに見つけて、克服してほしいなぁと思いました。

日常的に緊張状態やパニック状態になっていれば、単に 「シーーー」 の音が

うるさいばかりでなく、自分では気づかないうちに独りよがりな暴走行為を

頻繁に犯している可能性も考えられます。


もし、自分では何も落ち度が見つからないのに、何故か周囲とギクシャクして

しまうことが多いと感じる方がいらしたら、ちょっと振り返ってみてください。

もしかしたら、無意識にしているかもしれません…


パラオパシフィックリゾート
パラオパシフィックリゾート

いつも、こんなリゾートでカクテルでも飲みながらくつろげれば、克服出来そうですが

身近な方法としては、とりあえず深呼吸して、「たくさん息を吐くこと」 でしょうか。
関連記事

111. 夢見るソウル 出発直前必見情報!

12. 無限にあなたのもの ソウル で紹介したソウル特別市が運営しているサイト

(厳密には、ソウル特別市から委託された、ソウル観光公社が運営しています)

Infinitely yours SEOUL の ブログ版 VisitSeoul をリンクに追加しました。

こちらもソウル旅行の前には必見の情報が満載ですし、旅行の計画が無くても楽しめる

内容ですので、気持ちだけ浸りたい方も、ぜひどうぞ!

Infinitely yours SEOUL の 天気予報 と 地下鉄マップは、どこよりも優れもので一押しです!

地下鉄マップは、便利な使い方を画像で少し説明します。


①先ず、クリックすると全体図が出て来ます
ソウル地下鉄マップ①


②次に、「Zoom In」をクリックして必要な部分を見やすくします
ソウル地下鉄マップ②


③情報が必要な駅名をクリックして赤くすると、紫色の小さい表示板が出て来ます
 「Train Timetable」 をクリックすると 「詳細な時刻表」 が、
 「Information on last train」 をクリックすると 「終電の案内」 が出ます
ソウル地下鉄マップ③


④目的の駅名をクリックして赤くすると、料金と所要時間が出ます
ソウル地下鉄マップ④


タクシーは時間帯によっては渋滞の心配がありますので、地下鉄はその点で安心ですし

かなり遅い時間まで運行しているので、終電の時刻を調べておくと便利です。

ところで、Infinitely yours SEOUL の 無料ウォーキングツアー は、12コースから選べて

日本語のガイド付き、しかも無料です。 実際参加された方の評判も上々ですので、

フリータイムに試してみる価値ありです!

そして最後に、行きたい場所がすぐ探せる ソウルの地図 も合わせて利用すると完璧です。
関連記事

110. 海を夢見るハマナスと幸運を招く鶴舞

8月18日(水)19:00~ 韓国文化院四谷庁舎オープン1周年記念コンサート PART4 

『韓国の風景』
に行ってきました。韓国芸術総合学校伝統芸術院 関係者による伝統楽器

の演奏と伝統舞踊の公演で、使用された楽器は、カヤグム(琴)、ピリ(ひちりき)、テピョンソ

(チャルメラ)、テグム(横笛)、アジェン(弓で弾く琴)・チャンゴ(太鼓)でした。

特に印象に残っているのは、オープニングの 25弦カヤグム独奏 「海を夢見るハマナス」

潮騒のようにも浜を吹き抜ける風のようにも聞こえる優しい音色に引き込まれました。


カヤグム・ピリ・テピョンソ
カヤグム             ピリ               テピョンソ



テグム・チャンゴ・アジェン
テグム             チャンゴ(チャング)        アジェン


そして、伝統舞踊で思わず息を飲んだのは、鶴舞 でした。


鶴舞
鶴舞

鶴の仮面と衣装を身に着けた女性の踊り手2人によって演じられる鶴舞は、正確な時期や

創始者は不明ですが、高麗王朝(918~1392年)時代に生まれ、朝鮮王朝の成宗王の

1493年からは、国の厄払いの儀式(儺禮:ナレ)や祝典の際に悪霊を追い払い幸運を招く

宮廷舞踊として採り入れられた記録があるようです。

鶴の優雅な姿、飛んだり歩いたりといった動き、ついばんだり旋回したり、首や足の動きを

様式化された形で模している一方、卓越した芸術性を示して観客を魅了しました。


『韓国の風景』 の題名通り、私自身が思い描く韓国の穏やかな風景が浮かぶ公演でした。
関連記事
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク