4. 言葉の壁を越えられるか?

韓国映画「タイフーン」によって、人生のターニング・ポイントを勝手に自覚した私に、

最初に立ちはだかったのは、言葉の壁でした。


ピアノ超初心者の私が、ショパンノクターン13番をいきなり挑戦した時、楽譜を見て先ず

思ったことは「これを完璧にマスターするより韓国語の方が、ずっと簡単だろう…」でした。

ところが「文法は日本語と似ているし、漢字語が多いので日本人には1番簡単な外国語だとの

前評判もあるし」と、甘く考えたのがいけなかったのか、大苦戦を強いられることに…

日韓交流に言葉は不可欠、何が何でもマスターしなければと思いつつ、何度も挫折しました。

若い時分には考えられないほど物覚えが悪くなり、覚えた先から忘れる繰り返しを続けて、

もう嫌になり諦めかけた時、ふとしたことからある考えがよぎりました。

「完璧なマスターは程遠いにしても、ある程度気持ちよく弾けるようになったピアノ」と、

「やっても、やってもすぐ忘れて覚えられない韓国語」の違いは何だろうかと。


『ピアノは頭だけでなく、指が覚えている部分があるのに対して、韓国語は頭だけで

覚えようとしている。韓国語も指で覚えれば、出来るかもしれない!』


先ず、パソコンの設定を追加して韓国語入力を可能にし、キーボードにハングル文字の

シールを貼りました。シールはすぐ文字の印刷が消えてしまい、そのうちシールも剥がれる

ことに気付き、USBでパソコンに簡単に取り付けられるハングル専用キーボードを購入しました。

格安品でしたが非常に使い勝手が良く、ノートパソコンの手前にキーボードを置いて入力し、

日本語を入力する時は従来のキーボードを使用するようにしました。

毎日20分くらい文字入力に時間を費やし、2週間ほど続けると慣れて違和感無く打てる

ようになり、それをもう少し続けたら、簡単な単語は指が覚えた状態になり、速度が

少しずつ早まって、スムーズになって来ました。


1番良かったのは、ハングルキーボードによって、韓国語の勉強にメリハリが出来て楽しくなり、

気分転換にもなったことです。相変わらず覚えたことはすぐ忘れますが、100% のうち 99% を

忘れても、残りの 1% をコツコツと積み重ねてマスターしようとする気力が持続しており、

今度こそ、壁を越えようと意気込んでいるこの頃です。


セジョン&シン4

18. こんなに下手な人は初めてです

会社のベテラン技術者に韓国語の堪能な方がいます。仕事では韓国語の必要はなく、

単に趣味の一環で50歳を過ぎてから勉強を始めたのが10年前だそうです。

きっかけは、行き付けの飲み屋さんでアルバイトしていた韓国人の学生さんが、とても

可愛くて親しくなりたかったからだそうで、あまり立派な動機ではなかったようですが、

完全にマスターされたことは立派だと思います。

50歳を過ぎてから始めて、これまで無縁だった新しい言葉を自由に使いこなせる人が

身近にいることは、私にとって希望の光です。まして韓国へ留学したことも、高い月謝の

教室や個人授業を受けたこともなく、ラジオ講座やサークル的な勉強会に参加するなど

コツコツとマイペースに続けて来た集大成だとは感心します。継続は力なりの最たる

一例ですが、何と言っても「可愛い韓国の学生さんと親しくなりたい」との明確な目的が

成功の鍵だと思いました。しかも行き付けの飲み屋さんに行けば勉強したことをすぐ、

活用出来る、ご自分では意識しないうちに「韓国語マスターへの最高の環境」が用意

されたと言えるのではないでしょうか。


そんな技術者さんが昨年のある日、私に尋ねました。

技「ソウルで美味しい物を食べて来ましたか?」

私「はい、有名なサムゲタンのお店に行って来ました!」

技「サムゲタン? サmゲタンでしょ? 発音がこんなに下手な人は初めてです」

私「はぁ~ ここは日本ですから…」

技「それはダメダメ、何処にいても正しく言わないと覚えませんよ!」


技術者さんのご意見も一理ありますが、例えば日本で「デフレ」の話をする時に、

「deflation」と、しっかり舌先を上あごにつけ L を発音して言ったら、かえって

不自然で嫌味に聞こえたりすることもあるので、TPO(時間・場所・場合)は重要です。

でも結局この議論は、完全にマスターされた技術者さんに軍配をあげて

終わりにしました。この続きは、私がいつの日か韓国語を極めてから仕切り直し

出来たらいいと思います。


「ハングル文字を理解して、それを見ながら声を出して正しく発音する」

当たり前のことですが、これが基本で、疎かにすると先には進めないでしょう。


サムゲタン 삼계탕 


日本語では表現出来ない情報が、初めてみた時には象形文字に見えた文字の中に

込められている、とても合理的で愛すべき文字です。



ソウル 土足村のサムゲタン
ソウル 土足村のサムゲタン コネスト より


一方、技術者さんの行き付けのお店は、韓国人のアルバイト学生さんは全て帰国して

1人もいなくなり、最近は、中国とタイとベトナムの学生さんに入れ替わったそうです。

「今度は、何を勉強するか悩むところだな…」と、ぼやき声が聞こえてきました。

24. Skype(スカイプ)は救世主になるのか?

旅の成果?をお伝えしている途中ですが、ちょっと横道に逸れることをお許しください。

横道といっても無関係なことではなく、全く話にならないと思った私の韓国語力を、

どうにかしなければと今週初めからずっと考えており、これまでと同じ方法で勉強を

続けても大きな成果は望めないとの気持ちが強くなり、さまざまな方法を模索しました。

もちろん、このブログの「4.言葉の壁は越えられるか?」で触れたハングルキーボードは

とても良いのですが、直接会話をすることに勝るものは無いように思い、Skype での

レッスンを検討することにしました。近所に韓国語教室が無く、通信講座には限界を感じ、

カフェでの個人レッスンは知合いになった韓国の方に「お薦め出来ない、あれでマスター

した人の話を一度も聞いたことが無いです」と言われ、残る選択肢は Skype 以外には

考えられませんでした。


Skype(スカイプ)は、既にご存知の方も多いかと思いますが、簡単に説明すると、

ルクセンブルクのベンチャー企業 KaZaA が開発したP2P方式のインターネット電話です。

パソコン同士なら利用料は無料、パソコンから一般の電話にかける時だけ有料になることと、

通話する時に便利なヘッドセットなどの販売で収益をあげるシステムになっているようです。

P2P(ピアツーピア)イコール Winny(ウィニー)などファイル共有ソフトと言った、危険で

マイナスなイメージを持たれがちですが、本来 P2P とは、ネット上で端末をお互いに直接

接続してデータ送受信する通信方式のことを指し、Skype もファイル共有はしていないので

安全性は高く、安心して利用出来ます。


Skype用 ヘッドセットとWebカメラ付ヘッドセット
Skype用 ヘッドセットとWebカメラ付ヘッドセット


私自身もSkype の存在はかなり前から知っていましたが、Skype をする相手がいないこと、

安全性・操作性への不安などから躊躇していました。でも、友人から諸々の問題は心配する

必要がないと聞いて、今年から数人の友人と一緒に始め、一対一の通話に限らず複数の人が

同時に会話出来る点、電話代が節約出来る点、音声がとても鮮明で雑音が入らない点など

利点ばかりで欠点は思い当たらないほど良いものとわかりました。そして操作にもすっかり

慣れて来たところだったので「韓国語 Skype」で 検索を続け、まだ決定ではありませんが

今晩20時から最初の授業を受けることになりました。まだ決定ではないのは、一応お試し

授業を受けて気に入らなければ、キャンセル出来るシステムだからです。


今日は朝から今晩のことでドキドキ ワクワクしており、バンクーバー五輪女子フィギュア

スケートのメダルの行方も、うわのそら… 


使用するテキストを見る限り、私がこれまで勉強してきたどのテキストより、わかり易く

実用的な内容だと思いました。また申し込みから実際の授業までの流れがとてもスムーズ、

対応が迅速だったので気持ちよくスタートラインに立てました。これで、Skype が問題なく

作動し良い先生に巡り逢えたら最高… ここで、良いご報告が出来ると信じて頑張ります!

Skype(スカイプ)に興味を持たれた方は、上記の公式サイトの他、Skypeらいふ にも詳しく

載っていますので、ぜひチェックしてください。欠点の見つからない Skype ですが1つだけ

注意点があります。パソコンの性能が低いと、フリーズなどのトラブルが多発する可能性が

ありますので、CPU、メモリ、ハードディスクなど余裕のあるパソコンを使用してください。

25. 韓国語 Skype(スカイプ)レッスン 嬉しい予感

昨夜の 韓国語初Skype(スカイプ)レッスン は大成功だったと思います!

先週日曜日にソウルから戻り「これじゃ話にならない」と、翌日の月曜日から「韓国語 Skype」

で検索して見つかったところは5軒ありました。個人の方の生徒募集も含めると、もっと沢山

見つかりましたが個人の場合、先生の都合により日時が限定されてしまうと思い除外しました。

組織として「Skype(スカイプ)レッスン」を実施している5軒は、e-edu.net オンライン語学院

ECCウェブレッスンオンライン韓国語会話韓国語会話個人レッスンならっCHINA で、

もっと探せば他にも見つかったかもしれませんが、とりあえず検索サイトで上位~中位に

あったところは以上です。この中で私に1番合っていると思った 「ならっCHINA」

コンタクトをとって昨夜の初レッスンにこぎつけました。選んだ決め手は以下の通りです。


 ①紹介サイトに会社の概要、規約、講師の紹介が詳しく載っていた。

 ②料金が格安。

 ③お試し期間があり解約が容易に可能。

 ④使用するテキストが明記されており、自分で予め購入して内容を確かめられた。

 ⑤支払い方法が多様で通常使い慣れている方法で支払いが可能。

 ⑥授業は毎日、朝10時~夜24時50分まで50分単位で実施、都合に良い日時に予約可能。


(もちろん他の4軒にも、それぞれ利点がたくさんあると思います。あくまでも私自身の感覚

や事情によって書いておりますのでご了解くださいませ)


始める前に気がかりだった点は、先生は全て中国の朝鮮族の方で、吉林省と遼寧省に

お住まい「Skypeの通信状況は大丈夫なのか」「発音が違うのではないか」の2点でした。

ところが始めてすぐ、全て不安は解消されました。先生の声はとても良く聴こえ、通信が乱れる

こともなく、発音もネイティブの方が聞けば多少の違いはあるのかもしれませんが、私には

全くわからない範囲、映画「タイフーン」や「クロッシング」で北朝鮮訛りの言葉は何度も

聞いていましたが、そのような感じもありませんでした。

先生の顔がwebカメラから見えるので口の動かしかたが見えて、発音の矯正に役立ち、Skype

の文字入力システムを使って、ハングルキードで文字入力しながらの授業なので、実際に

会って個人レッスンを受けているのと全く同じ状態でした。

ちなみに私は、webカメラをつけていないので先生には私の声しか聴こえませんが、声だけで

微妙な発音の間違いがわかる様子、その都度、指摘されました。


事前にハングルキーボードの入力はマスターしていたので、例えば先生が「発音した通りに

入力してください」と言われて私が入力する聞き取りの勉強がとても有効的に出来ます。

ハングル入力が出来なくても受講はもちろん可能で、先生が入力した文字を読んだり、先生

の質問を日本語で入力して答えたり、入力が苦手なら口頭だけでも大丈夫だと思います。


1回に50分、週に5回受けても料金は、11,900円と格安なので、張り切ってどんどん

予約を入れようと当初思いましたが、1対1の50分間は中身が非常に濃くなり、進み方も

効率良く早いので、週3回が妥当だと感じました。

「Skype(スカイプ)レッスン」を選ぶ過程で 「中国の朝鮮族」 の先生に対して、発音が

違うのではないかとの不安以外に全く抵抗が無かったのは、以前、私の娘が仕事の関係

で「中国の朝鮮族」の方に大変お世話になり、とても印象が良かったからです。

ただ、その時は「中国の朝鮮族」の歴史などにはあまり関心が無く、そのままにしたのですが

今回を機にいろいろ調べて興味深いことがたくさん出て来ました。いろいろな立場の方々と

出逢って相互理解を深めたい私にとっては、単なる語学の勉強にとどまらない、有意義で

願ってもない出逢いのような予感がします。

つづく

2012年3月30日現在の韓国語学習状況は
こちら に載せておりますので良かったら参考までにご覧ください。


南楊州総合撮影所 第3スタジオ
南楊州総合撮影所 第3スタジオ

41. 白頭山(백두산)は美しいです

白頭山頂上に広がるカルデラ湖、天池
白頭山頂上に広がるカルデラ湖、天池  Wikipediaより


2月後半から始めた 韓国語の Skype(スカイプ)レッスンは軌道に乗って、すっかり生活の

中に溶け込んで来ました。3月に入ってからは3日に1度の割合でレッスンの予約を入れて

順調に進んでおり、7名の先生の中で最初に担当してくださったK先生と相性がとても良い

と感じたので、ずっと同じ先生にお願いしています。

K先生は中国遼寧省 瀋陽市にお住まいの朝鮮族で、いつも明るく朗らかな女性です。

1回50分の授業はテキストに従って進めて頂いていますが、前後にフリートークがあり

私にとって特に楽しみな時間です。 フリートークでは、中国において少数民族としての

立場で独自の伝統を守りながら 「祖国は中国、母国は朝鮮」 という両方の文化を取り

入れた朝鮮族特有の暮らしぶりが活き活きと伝わって来て、新鮮且つ不思議な感じです。


中国遼寧省 瀋陽市は、韓国から見ると北朝鮮の向こう側にあります。

「南(韓国)は工業が発達して便利ですが、美しい景色は本来、北(北朝鮮)に多いです。

白頭山(백두산)は本当に美しいところですよ。


北朝鮮に全く良いイメージの無い私には意外な言葉でしたが、ちょっと調べてみたら

本当に美しい山でびっくりしました。また、上記の 「対照的に北朝鮮に行けないけれど」

は間違いで、このような 旅行社があり、旅行記 まで見つけました。

いつの日か南北統一が叶ったら行ってみたい場所ですが、今は、韓国語をマスターして

自由に喋れる自分をイメージし、美しい白頭山(백두산)に思いを馳せるだけで十分です。


ちなみにレッスンが順調な要因は、もうひとつあり、それはテキストが私に合っており

面白いからです。シリーズを通して,韓国人男性 チョルスと、日本人女性 ゆかり の

会話だけで成り立っているのですが、とてもユニークで、すぐ使えそうな内容です。


「映画のチケットがあります」 と誘う チョルス に対して、

「ごめんなさい。映画には興味がないんですよ」 と返す ゆかり。

日本人なのに、この場面で随分はっきりと言うなぁ~と感心! 

でも最後には落ちがあるんです…(笑)


ハングルキーボード Skypeヘッドセット ノートパソコン
私の ハングルキーボード Skypeヘッドセット ノートパソコン

つづく
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク