10. 出逢いは突然やって来る

1月にソウルを訪れた時、思いがけない出逢いがあり、舞い上がるような気持ちになりました!

昨年の後半にも身近なところで良い出逢いがあり、それによって更に新たな出逢いにつながり、

広がりをみせています。韓国語のマスターや日韓の友好的交流のため、先ず多くの韓国の人と

知り合いにならなければと思う気持ちは強くあっても、そう簡単にはいかない時期が続きました。

ところが、昨年後半あたりから流れが変わって来たのか、まるで、ダイナミックなドリフト

ダイビングを楽しんでいるかのようです。ドリフトダイビングとは、潮流が強い海に潜り、潮流

に乗って楽々と海中を楽しむダイビングで、ダイバーは体の力を抜いてフィンを掻くこともせず、

ただ浮遊していれば、海上でボートがダイバーの吐く空気の泡を追って進んでくれるので、迷子

になることもありません。横道にそれたついでに書きますが、何故わざわざ潮流の強い海に潜る

かというと、潮の流れの速いところは魚影が濃く、特に回遊魚の群れに出逢える可能性が高く

なるからです。そんな爽快感を思い出させてくれるかのような出逢いが続き、やみくもに日韓

交流と言っても、何から手をつけて良いか見当もつかない状態から抜け出すことが出来ました。

自分にとって興味のある分野「平和な未来のために、歴史・戦争・軍事を理解すること」から

始めて、この勢いを加速させようと思っているところです。 

ただ、日韓に於いて私の興味ある分野は、特にデリケートな問題が山積で、踏み込み難い部分

が大半です。デリケートな問題はオブラートに包んで、文化や芸術で交流することも大切では

ありますが、自分の気持に正直に行動するなら、たとえ苦い経験をすることになったとしても

構わないと思うので、前へ進む決心をしました。

そんな訳で今月もソウルへ行って来ます。昨年3月に就いた新しい仕事は、幸い軌道に乗り

自分のペースで働けるうえ、休暇が取り易い環境を作ることにも成功し、周囲には感謝の

気持ちでいっぱいです。


役者が揃い、舞台が整い、その後のことは私次第。 さて、どうしましょう…


ソウル戦争記念館
ソウル戦争記念館

15. 司馬遷に遼(はるか)に及ばず

日本を代表する歴史作家、司馬遼太郎の本名は福田定一さんと言いますが、

中国前漢時代の歴史家で「史記」の著者、司馬遷(しばせん)を尊敬していたことから、

「司馬遷に遼(はるか)に及ばず」がペンネームになったそうです。

司馬遼太郎がペンネームの由来にするほど尊敬していた司馬遷の書いた「史記」は、

全130巻(本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻本紀)からなる中国の

壮大な歴史書で、更に有名な「三国志」より遥かに素晴らしいと私は思っています。

130巻の内訳の中で、'本紀(ほんぎ)'が、所謂、歴史の教科書などで年代順に学ぶ

'こんな出来事がありました的'な記録ですが、歴史の授業が退屈なのは、'本紀的'な

ことを中心に勉強するからだと思います。「史記」に当てはめると本当に面白いのは

'世家(せいか)'や'列伝'で、地方、郷土、個人の伝記など多方面にスポットを当て

人間味溢れた出来事が書かれています。そして日本が誇る作家、司馬遼太郎が「史記」

に基づき、満を持して書き上げた作品が「項羽と劉邦」で、秦の始皇帝亡き後の

項羽と劉邦の覇権争いが感動的に描かれています。

私はこの「項羽と劉邦」を読んで以来、随分長い期間、司馬遼太郎の最高傑作だと

思い続けてきました。「史記」を知らなくても、日常私達がよく耳にする、百発百中、

四面楚歌、傍若無人、背水の陣、完璧 などの言葉は史記から来た故事成語であり、

「史記」を語れば、日が暮れ夜が明けるくらい、熱をあげていた時期があります。

ちなみに、2位は「坂の上の雲」 3位は「竜馬がゆく」 4位は「国盗り物語」

5位は「関ヶ原」 ですが、2位以下は順位が度々かわりました。


ところがある日突然、全てを覆すほどの司馬遼太郎作品に出逢ったのです!

私にとっては晴天の霹靂とも言える出来事でした!


その作品「故郷忘じがたく候」は、16世紀末、朝鮮の役で薩摩(島津)軍の捕虜となり、

日本に連れてこられた陶工たちの物語が中心に描かれた短編で、長編作品好きの私は

気づかないうちに短編作品だからと避けていたのかもしれません。


出逢いは遅くなってしまいましたが、日韓交流が私の人生の目的だと思えるほどに

なった所以として、「故郷忘じがたく候」は重要な役割を果たしてくれました。

1日で読める短編でありながら、130巻の英知が集結した大作を越えるような、

感動を与えてくれた優れた作品で、韓国や焼き物に興味のある方には、ぜひ、

お薦めしたい一冊です。何よりも、謙虚な気持ちで相手を理解しようとする姿勢が

不可欠な草の根交流には、バイブルともなる作品だと思います。


故郷忘じがたく候
「故郷忘じがたく候」の表紙と裏表紙

22. 見切り発車のすすめ

今回のソウル行きの目的は、私がこれから本格的に始めようしている日韓草の根交流の

下準備とでも言いましょうか、自分の中で漠然と描いている自分のしようとしていること

の方向性が違っていないかを確かめることでした。

日韓の草根交流と北朝鮮難民支援を、このブログのサブタイトルで掲げており、ひいては

南北統一が必要不可欠だと常々考えていますが、本当に韓国の方々が望んでいるのか、

そこが1番知りたいことでした。又、私がこれまで自分の思うままに書いて来たこと、

特に「映画タイフーン検証シリーズ」を後から読み返して、少し自信の無いところが

出てきていたので、その辺りの正当性を確かめてみたい気持もありました。


戦争記念館 朝鮮戦争50周年記念モニュメント
戦争記念館 朝鮮戦争50周年記念モニュメントとソウルタワー


1月に友人と訪れたソウルで、それぞれ行きたい場所があったので別行動をした日があり

私は1人で、朝から地下鉄6号線の三角地駅からすぐの「戦争記念館」に行きました。


朝早く人もまばらで静まりかえった「戦争記念館」の「韓国戦争室(朝鮮戦争室)」で、

戦争が勃発した詳しい背景などを知りたくて真剣に展示物を見ていたところ、声をかけて

くれた人がいました。「日本人ですか? 熱心ですね。私が案内しましょうか?」

興奮してその時のことを詳しく覚えていませんが、いろいろと疑問な点ばかりだったので、

本当に願ってもないことでした。日本で身近に若い韓国の方と仲良くなる機会があり、

また別の方面で年配の方々と知り合うことも出来たので、どうしても私と同世代、

働き盛りの一般の方の話が聞きたかったので、その点でもうってつけでした。


実は、その前日も同じ場所を友人達と訪れたのですが、展示物のあまりの多さに半分程度

の見学で閉館時間となり、見逃したところが気になって夕食すら喉に通らない状態になり

翌日の別行動を提案した経緯がありました。


そして今回、声をかけてくれたT氏との再会を果たし、奥様も交えて、いろいろな話が

出来たことにより、今後の道筋が明らかになりつつあります。

ただ、相手を理解するために込み入った話をしたい私の語学力は、話にならないほど

ひどいと当然のことながら、はっきりしたので、今後は一段と韓国語の勉強に力を

入れなければならないと身に沁みてわかりました。今回の込み入った話は、時間が

たっぷりある中で、T氏と奥様の理解力と努力によって成り立ったものでした。


こんなことなら「もっと完璧に言葉をマスターしてから始めたら良いのでは?」との

意見もあるかと思いますが「それでは遅い」と、以前アドバイスを受けたことがあり

見切り発車する過程で、韓国語をマスターして行くことになりました。

韓国語のマスターは、あくまでも目的でなく手段だと再認識しながら、あふれる情熱を

傾けてやって行こうとの気持ちを新たにした旅でした。


忘れないうちに書きとめておきますが韓国では、毛沢東をマオ・ツェトゥン、蒋介石を

チアン・カイシェックと中国読みするそうですが全く知らず、誰のことを言っているのか、

気づくまでに随分時間がかかりました。中国の歴史書をたくさん読んだはずなのに…


戦争記念館と米軍で働く韓国兵
戦争記念館を見学に来た米軍で働く韓国兵

つづく

36. 麻浦(マポ)の熱い夜 その後

「32. 今日1日だけのために来たソウル⑦」で触れたように、無我夢中でお店の名前も

覚えていなかった2月21日の麻浦(マポ)の熱い夜、実際2月のソウルには珍しいほど

温かい小春日和のような日でした。その後、T氏に最高に美味しかったサムギョプサルの

お店の名前をメールで教えて頂きました。마포 본토숯불갈비(麻浦 本土炭火カルビ)

TEL 02-714-4936  住所 ソウル市麻浦区(マポグ)龍江洞(ヨンガンドン)115-24


麻浦 本土炭火カルビ
麻浦 本土炭火カルビ(お店のHPより)


その時のメールに、「목로주점 木爐酒店(居酒屋)」 という歌の歌詞と音楽ファイルが

添付されており、友情をテーマにした歌でした! 単なる知り合いではなく、「友達」だと

思ってもらえたことが嬉しくて喜びに浸りながら、何度も何度も繰り返し聴きました。


木爐酒店(居酒屋)
← をクリックするとスタートします

목로주점 木爐酒店(居酒屋)

멋드러진 친구 내 오랜 친구야    
すばらしい友達私の長年の友達や      

언제라도 그 곳에서 껄껄껄 웃던    
いつでもそこであっはっはと笑っていた

멋드러진 친구 내 오랜 친구야    
すばらしい友達私の長年の友達や  

언제라도 그 곳으로 찾아 오라던    
いつでもそこ所に訪ねてくると言った

이왕이면 더 큰 잔에 술을 따르고    
どうせやるならもっと大きい杯に酒を注ぐ

이왕이면 그 곳으로 찾아오라던    
どうせやるならその所に訪ねてくると言った

그래 그렇게 마주 앉아서   
そうそのように向かい合わせに座って

그래 그렇게 부딪쳐보자    
そうそのように杯をぶつかってもよう

가장 멋진 목소리로 기원하려마   
一番しゃれた声で祈ってあげよう

가장 멋진 웃음으로 화답해줄게   
一番しゃれた笑いで和答してあげよう

오늘도 목로주점 흙바람 벽엔    
今日も木爐酒店の土風壁には

삼십촉 백열등이 그네를 탄다    
三十燭の百熱燈がぶらんこに乗る

월말이면 월급타서 로프를 사고    
月末は月給をもらってロープを買う

년말이면 적금타서 낙타를 사자    
年末は積み金をもらってラクダを買いましよう

그래 그렇게 산에 오르고    
そうそのように山にのぼる 

그래 그렇게 사막엘 가자    
そうそのように砂漠に行きましよう

가장멋진 내친구야 빠뜨리지마    
一番しゃれた私の友達や漏らさない

한다스의 연필과 노트 한권도         
一つダースの鉛筆とノート一冊も

오늘도 목로주점 흙바람벽엔         
今日も木爐酒店の土風壁には     

삼십촉 백열등이 그네를 탄다         
三十燭の百熱燈がぶらんこに乗る     

그네를 탄다                
ぶらんこに乗る 

47. 人事を尽くして天命を待つ

現在、日本で就職活動の真只中にある韓国人留学生のJさんから 「本命の某大手企業の

最終面接を明日に控えているので何かアドバイスをお願いしたい」 と言われ、昨夜は一緒

に食事をしながらいろいろな話をしました。優秀で努力家のJさんには教わることが多く、

私がアドバイスすることなど皆無に等しいと思いましたが、ここの「3. 思いが形になる時」

に書いたように、周囲から度々言われる私の 「ポジティブなエネルギー」 が役に立つこと

も多少はあるかもしれないと考え応じました。

Jさんは5年前に来日し、2年間アルバイトしながら日本語学校で言葉を学び、その後

日本の一流私立大学に入学してこの4月からは4年生。 私は近所のスポーツクラブの

フリーウエイト のコーナーで顔見知りになり、「俳優イ・ジョンジェのファンです」 と

例によってお馴染みの挨拶をすると 「砂時計 夢中で観ましたよ。格好良くて、あの時は

本当にボティガードに憧れました」 と、優しい返事をもらって以来、顔を合わすと言葉を

交し少しずつお互いのパーソナリティを知り合うようになりました。


スポーツクラブ
スポーツクラブ(NAS HPより

就職超氷河期と言われて久しい昨今、日本の超一流企業に就職するのは学生にとって

相当難しいことだと察しますが、言葉の壁により留学生には尚更ハードルが高いようです。

受験者が一万人以上のところもざらにあり、先ず日本人と全く同じ筆記試験を受け、

高得点を取らないと面接に進めない企業が大半の中、第一志望の会社で最終面接まで

こぎつけたことだけでも立派だと感心しています。昨夜はエントリーシートを見せてもらい

志望動機を始め、これまでの面接で話してきたことなどを聞く限り、日本人学生にして往々

に見受けられるマニュアル的な通り一遍等の言葉は無く、無理やりこじつけたようで偽善的

に聞こえる 「社会貢献したい」 も無く、自分の言葉で熱く語る内容に感銘を受けました。

勉強方法もオリジナリティに溢れ、そのシステムはいずれ社会に出て応用可能だと思える

ほどの優れものでした。 「自分だけ良ければ他人のことなどどうでも良い」 或いは、

「自分のことで精一杯、他人のことなど関知している余裕はない」 の風潮が蔓延する

現代社会で、自分が開拓者になって後に続く人に道筋をつけたいと言い、自身で得た

知識や情報を惜しげもなく同級生や後輩に提供する寛容さにも心を打たれました。


これほど真摯に取り組めば良い結果が必ず出ると確信した私は 「正しい動機があり、

間違っていることは全く無く、やるべきことは全てやったと思うので、心配しないで

自信を持って最終面接に望んでください。」と、言うことしか出来ませんでした。


逆に、韓国語のマスターに手間取っている私には本当に良い刺激となり、だいたい勉強

時間が少なすぎると反省しきり、また 「外国語を習う時、自分は何も知らない生まれたての

赤ちゃんだと思って、深く考えずに聴いたままを受け入れる姿勢で取り組むといいですよ」

と言われ納得しました。例えば 「McDonald's」 を 「マクドナルド」 だと思い込んでいる

ことを忘れて、「맥도날드(メクトォナルドゥ)」 と聴こえたまま発音すればよいのだとか。


その上、アドバイスをする立場も忘れて、自分が現在見切り発車した日韓草の根交流に

関して熱く語ってしまいました…  

私も 「人事を尽くして天命を待つ」 立場になってみたいものだと、いえ、必ずなろうと決意し

今朝はJさんの合格を我が家の水神さまに頼みました。
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク