58. 流れに棹(さお)さしたい

傾向に乗って事柄の勢いを増すような行為をすることを言う 「流れに棹(さお)さす」

誤解多い慣用句のトップに挙げられているようですが、私はこの言葉が大好きです。

川での経験はありませんが、遠浅の凪の海を小舟で行く時、棹をさしながら進むと、

驚くほど前に進みます。 「するっと」 「ぐいっと」 こんな表現がぴったりのその進み方は、

本当に心地が良く、およそ60%の人に誤解されている意味の 「流れを止める、逆らう 」とは

全く正反対の状態になります。


韓国映画 「クロッシング」 が日本で公開され思いのほか好評だったことで、多くの人が

北朝鮮の現状に接した今、この 「流れに棹さしたい」 と欲張りなことを考えています。

野口孝行さんの本 「脱北、逃避行」 もより多くの方に読んで頂きたいと切望していますが

もうひとつ、今とても気になっている映画があります。それは、アメリカの女性映画監督

N.C. Heikin (ナンシー・ヘイキン)さんが制作したドキュメンタリー映画、謎に包まれた

北朝鮮のベールを暴く 『Kimjongilia(キムジョンイリア)』 で、題名の由来 Kimjongilia

(金正日花)は、独裁者 金正日 を称え崇めるため、46歳の誕生日に合わせて特別に

交配された、多年生花 赤いベゴニアの改良種英文名です。

N.C. Heikin   Kimjongilia
N.C. Heikin監督 (e Korean News より)  Kimjongilia(金正日花)(Wikipedia より)


昨年のサンダンス映画祭(米国)、釜山映画祭(韓国)で上映され、高い評価を得たほかに

今年の Film Festival One World 2010 Brussels では、みごと 優秀ドキュメンタリー賞 を受賞。

受賞に際して監督は、「Kimjongiliaは、恨み花… 3年間、泣きながら撮りました」 と、

感慨深く語りました。収容所の実態、飢餓、表現の自由が皆無な社会構造など、脱北者の

壮絶な体験をインタビューで証言する形式、観る側が悲惨過ぎて目を覆ってしまわないように、

あるいは退屈しないように、現代舞踊を結合させて工夫が施してあるそうです。


映画と融合した現代舞踏
映画と融合した現代舞踏


『Kimjongilia(キムジョンイリア)』 が日本でも早く公開され、もっともっと広く深く

現実を知ってもらうための良い流れが止ってしまわないように、強く希望しています。

つづく

59. Kimjongilia(キムジョンイリア)

まだ、日本では観る術がない映画 『Kimjongilia(キムジョンイリア)』 の情報を求めて

検索サイト Google に韓国語で 「김정일리아 」 (キムジョンイリア) と入力してみると、

37,000件と予想以上に多くの記事等がヒットしました。


その中で、釜山映画祭でこの映画を観て感想を書かれた 韓国人のブログ を紹介します。

韓国の人さえもあまり関心持たないことを外国人が関心を持ってくれた点で高く評価したい。

韓国男性は軍隊に行って北朝鮮のことを初めて詳しく知るが 韓国女性の大半は映画を観て

驚いたと思うし外国人も非常に驚いただろう。画面は、現代舞踊を結合させて退屈でなく、

釜山国際映画祭中最も良い作品だと思った。ドキュメンタリーは、編集と操作で100%信頼

出来ないことが多々あるが、監督の真心と脱北者の真心が、私には伝わって来た。

皆が北朝鮮に対して関心を持ち、監視しなければならないと思う。

ハイキン監督が映画を制作する瞬間も、歴史は記憶されている。

彼女もその瞬間までを芸術として捉える真の芸術家だ。もう一度拍手を送りたい作品。



次は 韓国のニュースサイト に載った、作品に登場する脱北者の声です。

「自然災害などで飢える国は多いが、北朝鮮は人間によって飢え死する国だから、私たちが

闘っているのです。金正日を国際司法裁判所に引っ張り出したら良いでしょう」

「政治犯収容所に罪の無い人を閉じこめて、幼い子供達に公開処刑の場面を強制的に見せて

恐怖感を造成しながら国を治めること自体が犯罪行為だ!」




Kimjongilia(キムジョンイリア)PV



Kimjongilia(キムジョンイリア)予告編


ともかく早く作品を観て、私も 「監督と脱北者の真心」 を受け止めてみたいです。

つづく

71. Kimjongilia は、キムジョンイリアだと思いますが…

北朝鮮のベールを暴くアメリカのドキュメンタリー映画 『Kimjongilia』

東京MXテレビ 「松嶋×町山未公開映画を観るTV」 で放映!

前半 5月28日 23:30~  後半 6月4日 23:30~



松嶋×町山未公開映画を観るTV
松嶋×町山未公開映画を観るTVより


それで、前半を観たところ冒頭 松嶋尚美さんが 「キムジョンリア」 と言ったのでびっくり!

しかも、町山智浩さんのブログには 「キムジョンリア」 と書いてあります…


ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記より


どう考えても 「キムジョンリア」 だと思いますが…
アメリカのテレビ でも、そのように放送されています。


Kimjongilia(キムジョンイリア)Director N.C. Heikin interview


どうでもいいことかもしれませんが、タイトルって大事なので統一して頂きたいものです。

でも内容的には予想以上に素晴らしく、映像が斬新で洒落た感じ、現代舞踏の取り入れ方

が非常に上手く、重苦しく辛いテーマに程よい息継ぎのタイミングを与えてくれました。

感想は後半を観てから紹介致します。

つづく

87. Kimjongilia (キムジョンイリア) と サッカーチーム

ドキュメンタリー映画 『Kimjongilia』 が東京MXテレビで、5月28日に前半、6月4日に

後半が放映されました。私はオンエアの他、友人が録画してCMをカットし1枚のDVDに

焼いてくれたのであらためて通して観ましたが、北朝鮮の現状を知る映像として、これまでで

一番強い衝撃を受けて暫く眠れませんでした。

「北朝鮮は収容所国家だ」 と、何度も聞いて来ましたが、北朝鮮国内に収容所が数多く存在

すると言うより 「国そのものが収容所だ」 と、再認識するに余りあるような恐ろしい閉塞感

を覚える内容で、いてもたってもいられない気分になりました。

全国民が人質であり、被害者であり、犠牲者であり、生々しい実体験を語る脱北者の方々の

激しい怒りや深い悲しみが、真正面から大迫力でひしひしと伝わって来る作品でした。

この作品を観れば 「見過ごすわけにはいかない」と、世界中の誰もがきっと思うでしょう。


折しもサッカーワールドカップでは44年ぶりに出場を果たした北朝鮮が予選を全敗し、

帰国後の監督や選手の安否を心配する記事が、韓国や中国で紹介されています。

また金正日の鶴の一声で決まった初の生中継では、思わぬハプニング があったことも

報じられました。天気予報を除いて事前編集されていない映像が流されることは非常に

珍しい北朝鮮で、マレーシアから飛ばされた中継電波はハーフタイムの間も途切れず、

「資本主義世界の目がくらむようなCM」も、そのまま放送され国民は戸惑ったそうです。

この記事の出元、中国の新聞 「南方周末」 では、南アフリカに出征する前にメンバー全員

は決心を表す血書を書いており、「必ず優勝します」と南アフリカに到着した後、ホテルを

チェックアウトする日は7月12日(ワールドカップの決勝戦の翌日)にしたとも伝えています。

また、「北朝鮮は金正日の娯楽王国」 「悪い人民はいない。悪い体制があるだけ」

「金将軍の死を望む」 と、記事を読んだ中国国民から意見が寄せられたようです。


中国紙 南方周末より
中国紙 南方周末より


北朝鮮問題の鍵を握る中国国内から、このような声があがることは大歓迎で、進展の足がかり

になってほしいと切実に望みます。 『Kimjongilia』 で脱北者の1人が語りました。

「金正日がいなくなったら、すぐに帰りたい」

怒りや悲しみより更に強い祖国に対する愛情、洗脳された祖国愛でなく、真の愛情の広がりに

期待を寄せ、それを国際社会が団結して後押し出来れば解決の糸口は見出せると思いました。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク