770. 事の顛末

<お知らせ> 
只今、メールの返信が遅れております。
既にメールでやりとりしている方には必ず返信させて頂きますので暫くお待ちください。
又,新規メールは随時受け付けておりますので
カテゴリ「メールの返信について」をご一読頂き、ご了承のうえで送信をお願いします。



2017/07/20 23:27 

SoftBank ご利用のGさんから、レイキに関する問い合わせのメールが届きました。

但し、実際にメールをチェックしたのは翌朝です。

内容的には当ブログに度々寄せられている事柄で、大抵はメール発信者様の

背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)が「返信不要」と言われるケースでした。

ところが、Gさんの背後霊様から【返信をお願いします。】とご依頼があり

私のハイヤーセルフは、【返信しなさい。光の存在(ライトワーカー)だ。】

了解したので返信することになりました。

度々寄せられる事柄で精査が短時間で済んだため、迅速な返信が可能でした。


2017/07/21 15:46

私はGさんに返信しました。

具体的な事柄は伏せますが、大まかな流れは以下の通りです。


G様 はじめまして 
このたびはブログ「永遠に続く道」にメールを頂きありがとうございました。
既にお読みくださっているかもしれませんが
「メールの返信について」に記載している通り
メール発信者様の背後霊様(守護霊・は指導霊・先祖霊 etc.)から
私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが
了解した場合のみ返信しております。
〇〇に関しての問い合わせは以前から結構ありまして、
途中省略
以上のことから、G様の背後霊様は、この先は独学で進めてほしい
と、おっしゃっています。
以上、受け入れられる内容でしたら参考になさってください。
そして、もし私のサイトで学ばれるのでしたら、
メールでサポートしてほしい旨、G様の背後霊様から依頼されました。
その件については以下に掲載しております。
http://eternalhighroad.blog100.fc2.com/blog-entry-709.html
よって、じっくりとご自身の内側と向き合って、
答えを出してくださいますようお願いします。



その際、Gさんの背後霊様から私に以下のメッセージがあり、

Gさんが苗字のみでフルネームで名乗らなかったことを気にされていました。

【下の名前を名乗らず申し訳ありません。
返信してくださることに心から感謝申し上げます。】



2017/08/11 03:26

Gさんより、私からの返信がないと、ご立腹のメールが届きました。

その内容にしばらく茫然自失していると、

私のハイヤーセルフは、【冷静に対処しなさい。】 と言い、

Gさんの背後霊様からは以下の通り、真摯な謝罪の言葉を頂きました。

【なんとお詫びを申し上げてよいか、わかりません。
本当に申し訳ありませんでした。
広告の件はぜひ書いてください。宜しくお願いします。】


そして、我に返った私は、769. 緊急のご連絡 を書きました。

その中の「パソコンメールが全て拒否になる設定」について、

もう少し補足させてください。SoftBankのHPのお客様サポート を確認すると、

「迷惑メール設定をする(ケータイ・PHSからのメールのみ受信)」として

案内されており、「パソコンメールが全て拒否になる設定」と同じ意味です。

又、出来るネット によると、以下のように説明されています。

NTTドコモをはじめ、au、ソフトバンクといった大手キャリアのメールサービスでは、
「携帯電話(スマートフォン含む)から送信されたメールしか受信しない」という
設定が最初から適用されていることが多くなっています。
迷惑メール対策として、そのほうが安全であることは確かなのですが、
自分のGmailやOutlook、友達のPCメールも受信できないのでは、何かと不便です。



2017/8/12

769. 緊急のご連絡 を掲載すると、

ブログ読者の方々からご心配や励まし等のメールが届きました。

すると、Gさんの背後霊様からは以下の通りメッセージが降りました。

【なんとお詫びすればよいか…… ただ、堕ちるところまで堕ちていません。
見捨てないでくださいますようお願いします。】



2017/8/16

私は朝から、頻尿・多尿に見舞われました。

これについては、748. 差出人のない手紙 で紹介した通り

頭痛・吐き気等は邪気によるもの、めまいはエネルギーの変化によるもの、

頻尿・多尿は霊的な依頼があるときの合図です。

私のハイヤーセルフは、【Gさんの件だ。】 と言い、

Gさんの背後霊様から以下の通り、謝罪と依頼がありました。

【本当に申し訳ありませんでした。
本人はまだ、完全に理解しているとは言い難い状況です。
ですから、2回目のメールを全てブログに掲載して
反省を促したいと希望しております。どうか宜しくお願い致します。】


それに対して私は、Gさんの背後霊様のお気持ちは理解できますが、

ブログに「メールは公開しない」と明記してあるので依頼を受けないつもりでした。

私の頻尿・多尿は終日続きましたが、それ以外に不調なところはなかったので

通常通りに過ごしました。


2017/8/17

私は熟睡して気持ち良く目覚めましたが、頻尿・多尿は治りませんでした。

水分補給は頻繁にしましたが、このままでは完全に脱水状態になるレベルでした。

Gさんの背後霊様は、2回目のメールの公開を諦めてくれません。

それで私は考え、ハイヤーセルフにも尋ねました。

その結果、特例中の特例として今回に限り、Gさんの2回目のメールを全文、

ブログに掲載させて頂くことになりました。

そもそもブログに「メールは公開されません。」と明記しているのは

プライバシー保護を約束する意味だけでなく、733. カルマのダブルプレー  

に書いたような意味合いが込められているのです。

今後、このようなことはありませんので、例外をお許しください。

Gさんの背後霊様が、ここまでして、

強引なまでにメールの公開を望まれたお気持ちを考えると胸が痛みます。

読者の方々も衝撃を受けるかもしれませんが、得るものがあると信じて公開します。


再度、御連絡させて頂きました(^^ゞ
しばらく応答をお待ちしましたが
どうやら応答のない事から高次元のお方ではないようですね
前にさせて頂きました御連絡では意味不明な内容かまたは悪戯に誤解させたかもしれません
以上の状況から 今後の新時代に向けた内容は一切御連絡しない事にいたします
この連絡では西洋レイキについてのみ御連絡します
しかし簡単な応答すらされない方のようなので
無料レイキの理由が記載されてた内容も詐りでしょうか?
高次元の方なら例え些細な連絡ですら応答されるはずです
理由は簡単
自らの心の在り方と同時に相手の心を大切にするからです
しかしあなたさまは一切ありませんでした(笑)
私もレイキの技法を売買するのは同意できないので一度はあなたさまに共感を覚えましたが
所詮は高次元の人物を演じただけのようですね
非常に残念です
無料レイキにする事で陰でブログのアクセス料金で稼いでいては
本当の無償とは言えませんよ(猛爆)
あと西洋レイキのアチューンメントではレイキの回路は活性化されないらしい事も
ついでに教えて差し上げます(笑)
では失礼(猛爆)


関連記事

769. 緊急のご連絡

SoftBank ご利用のG様

G様のメールは届いておりますが、私の返信がG様に届かないようです。

2017/07/21 15:46 に送信した記録が残っております。

受信拒否設定になっていないでしょうか? 

「パソコンメールが全て拒否になる設定」ではないかと思われますので

ご確認を宜しくお願いします。

☆連絡が取れ次第、上記の記述は消去いたします。


尚、一切の広告を載せていない当ブログに対して、

「陰でブログのアクセス料金で稼いでいる」 とのご指摘は誠に心外です。

ブログで収入を得る仕組み(アフィリエイト)をご存じないようですので、

今後のためにぜひ、はなうた横丁 ブログ収入の仕組み~ をご覧になってください。

又、FC2ブログは無料のため、アフィリエイト=成功報酬型広告の掲載

行わない場合でも多少の広告は表示されます。

スマートフォン版では「画面を覆うような半透明の動く広告」が表示されるため

当ブログでは「有料プラン」を契約して広告を外してもらっております。

その経緯は、加速感を味わう に記載してありますので、併せてご覧ください。


アフィリエイトの管理
FC2ブログ アフィリエイトの管理画面

関連記事

768. 私の返信メールに対して必ず意思表示をお願いします

当ブログに関心をお寄せくださり、ありがとうございます。

お寄せくださったメールは全て読ませて頂いております。

但し、繰り返しになって申し訳ありませんが

私の返信に関しては、誠に勝手ながら以下のルールに従っております。

<個別の返信は、メール発信者様の背後霊様(守護霊・指導霊・先祖霊 etc.)

から管理人の私に直接依頼(働きかけ)があり、私のハイヤーセルフが了承した場合に限る>


この独自のルールに違和感を覚えた方・意味不明だと思われた方は、

どうか当ブログにメールを送信されませんよう宜しくお願い申し上げます。


私はブログを通してレイキを紹介し、スピリチュアルカウンセラー的なこと、

霊媒(ハイヤーセルフ、背後霊のメッセージをお伝えする役)的なことを行っておりますが

私の所属する霊団の考えに従って、お金を受け取ることは一切ありません。

あくまでも想像ですが、もしも私がお金を受け取ったら、

霊的能力が奪われてしまうのではないかと思っています。

けれど大多数の霊能者が所属する他の霊団は、私の霊団と同様の考えとは限りませんので、

適正価格で行っているスピリチュアルカウンセリングを批判する気持ちは毛頭ありませんし、

メッセージが間違っているとも思いません。

ただ、どうしても注意が必要なのは、たとえ少額でもお金が絡むと

そこに売買契約が発生し「顧客と業者の関係」=「上下関係」が生じますが、

相談者様と私は、あくまでも対等な関係だということです。

レイキに興味を持ち、或いはハイヤーセルフに繋がりたいと考えている方は、

往々にして以前から様々な有料の霊的な相談を経験されている場合も多いので

つい「顧客と業者の関係」のようなつもりでメールされる方が増える傾向にあります。


私はどんなに忙しくてもメール発信者様の背後霊様のSOSを逃すことなく

時間に都合をつけて誠心誠意、最善を尽くして返信しています。

ところが、その返信に対して「梨の礫」の方がいるのです。

誤解してほしくないのは、お礼を述べてほしいと言っている訳ではありません。

お礼なら既に、背後霊様からご丁寧に戴いています。

「梨の礫」がいけない理由は、私とメール発信者様は対等な関係だからです。

メール発信者様の背後霊様から働きかけがなくても、

私が個人的に返信して差し上げたいと感じたメールに対し、

「割り切ること」に慣れるのは容易なことではありませんでした。

ですから返信メールを受け取ったら必ず意思表示のメールを送信してください。

私の返信メールの内容が相談者様の意に叶ったものなら大いに歓迎され感謝され

意思表示のメールはすぐ届く傾向にあります。

けれど本当に重要なのは、そうでなかった場合の対処方法です。

書き方がわからなければ以下を参照してください。

メールを確かに受け取りました。
受け入れられない内容でしたので、新たな方法を模索します。

メールを拝見しましたが、〇〇の部分の意味が理解できませんでした。
もう少し詳しく説明をお願いします。


メール発信者様の背後霊様が非常に厳しいことを言って、

きっと受け入れられないだろうと察したとき、もし「顧客と業者の関係」なら、

今後も顧客であってほしいという気持ちが働き、ありきたりの無難な答えを織り交ぜ

厳しい内容をオブラートに包んで伝える手法をとるかもしれません。

けれど私は対等な関係にあるため、聞こえたまま何も加えず減らさずにお伝えします。

繰り返し申し上げているように、全ての人に自由意志が与えられているので

どのように受け止めても自由ですが、最低限の義務は果たしてください。


こうして何となく伝え辛いことを敢えて書いたのは、

それをせずには先に進めないことをよく知っているからです。


関連記事

767. 闇に堕ちる人と堕ちない人の違い

個人宛てのメッセージをブログ記事にしたことについて の続きです。

闇に堕ちる人と堕ちない人の違いについて、多くの人に知ってほしいと

Bさんの背後霊様の強いご要望に答えるかたちで、急遽、書くことになりました。

便宜上、当事者を以下の仮称で呼ばせて頂きます。


オルレ(올레)のこと 守護霊様の落胆 Aさん

差出人のない手紙 Bさん

旅客機の酸素マスク Cさん


先ず、ここであげる「闇」は地球が進化した星に生まれ変わる過程で

進化を妨げる存在を指しており、反対に「光」は進化を推進する存在のことです。

よって1人の人間が同時に持ち合わせている

「ボジティブとネガティブ」「陰と陽」とは別の概念です。

よって「闇に堕ちる」とは「地球が進化した星に生まれ変わるのを妨げる存在になった」

又は「ダークサイドに所属するようになった」という意味で、

もちろん、地球だけでなく宇宙全体の平和と安定をも妨げる存在です。


Bさんの背後霊様が気の進まない私を促してまで書いてほしいと希望された理由は、

守護霊様を落胆させたAさんと、背後霊団から見捨てられたかのようなCさんが、

どんなに守護霊様の意向に沿わない行動を取って悲しませても、

背後霊様が絶対に行かないでほしいと懇願した場所に行っても、

人を傷つけたとしても、

自己中心的な態度をとったとしても、

敵をたくさん作ったとしても、

邪神に憑依されて洗脳されたとしても、

絶対に「闇に堕ちる」ことがない特別な人だからです。


ところがBさんは普通の人であるとともに、以前からの持ち前の感性により、

そのような特別な人がいることに気づいて「不公平だ」とぼやいていました。

但し、Aさん、Bさん、Cさんに接点はなく、住んでいる地域も違いますので

Bさんが、AさんCさんと接して「不公平だ」とぼやいた訳ではなく

あくまでも一般論として世の中の蔓延する不公平感を嘆いたにすぎません。

実際のところ、AさんCさんのような人は少数派ですが非常に目立ってしまうため

Bさんからすれば、1人の少数派に出くわしただけで、他にも大勢いるように錯覚し

自分だけが恵まれないと嘆き、誤った道に足を踏み入れることになってしまいました。

その結果、Bさんは闇に堕ちてしまいました。

そうなるとBさんの背後霊様は、今生ではBさんを引き上げることは不可能なため

レイキヒーリングの中止とメールの受信拒否、そして不幸な人がこれ以上出ないように

この経緯をブログに書いてほしいと、2017年7月25日に依頼されました。

それを私のハイヤーセルフも同意したので、こうして重苦しい記事を書いています。

闇に堕ちたBさんが再び這い上がって転生できる状態になるまでの

気が遠くなるような苦難を思うと、力になれなかった私も悲しみでいっぱいです。

けれどBさんの背後霊様は、それとは比較にならない大きな悲しみを抱えながらも、

他の誰かに同じ過ちを繰り返してほしくないという無償の愛から依頼されたので、

どんな批判も恐れず、精一杯、それに答えようと私は決心しました。


いよいよ結論です。

どうしてAさんCさんは、どんなことがあっても闇に堕ちないのでしょうか?

答えは簡単です。スタートラインが違うからです。

この世に生を受けた段階ではなく、それ以前のずっとずっと前から

AさんCさんのスタートラインは、Bさんとは遥かにかけ離れた先にありました。

運命は自分で切り開いて変えることができますが、宿命は変えられません。

よって他人と比較して自分の現状を嘆くことほど愚かなことはなく

昨日の自分より「ほんの少しでも前進しよう!」今日の自分より明日の自分と、

歩みを進めて行けば、次に転生するときスタートラインは先に進んでいるでしょう。

けれど、不公平感を募らせ、それが入道雲のようにむくむくと膨らむと

自分をコントロールできなくなってしまうのです。

AさんCさんもスタートラインが違うことにあぐらをかいて

背後霊団の意向に沿わない行動を続ければ、今生で本当の幸せは掴めません。

スタートラインは違っても背後霊団の意向に沿った生き方が大切だということを

Bさんの背後霊様は悲しみに暮れながらも教えてくださいました。


最後に

何をしても自分の思い通りにならないとき、まるで何かに妨害されているように感じたとき

心を落ち着かせ、耳を澄ましてみてください。

きっと背後霊様が何かしらの合図を発信してくださるでしょう。

それから、AさんCさんのようなタイプの人は非常に少数派ですから、

自分はAさんCさんタイプだから何をしても大丈夫だとは決して思わないでください。

関連記事

766. 個人宛てのメッセージをブログ記事にしたことについて

日頃からから当ブログに関心をお寄せくださりありがとうございます。

個人宛てのメッセージをブログ記事にすることは気が重く避けたい行為ですが、

当事者の背後霊様からの強い要望を受け、断れない状況になったときのみ、

第3者が当事者を絶対に特定できないよう細心の注意を払ったうえで引き受けます。

ところが、それらの記事には、きまって大きな反響を頂き、

「とても参考になった」「戒められた」「大きな気づきがあった」と

共感してくださる方が多いので、意義はあったのかもしれないと感謝しております。

反面「私のことでしょうか?」と勘違いしてメールをくださる方もいらっしゃり

その点を、とても申し訳なく思い、この場を借りて心からお詫び申し上げます。

そこで誤解を解くため4つの記事について、もう少し詳しく説明させて頂きます。


オルレ(올레)のこと

守護霊様の落胆

差出人のない手紙

旅客機の酸素マスク


先ず、オルレ(올레)のこと守護霊様の落胆 は同じ方へのメッセージです。

差出人のない手紙 と 旅客機の酸素マスク は各々別の方へのメッセージです。

よって、4つの記事に対して3名の方にメッセージを送ったことになります。

3名とも女性です。

その中で当事者にとって最も厳しいメッセージは 旅客機の酸素マスク で、

背後霊様は私にメールの受信拒否とレイキヒーリングの中止も依頼されました。

私は自分の意思でメールの受信拒否やレイキヒーリングを中止することはなく、

当事者とのやりとりで私が傷ついたと自覚することもありませんでしたが

背後霊様がそこまで徹底して私と当事者を引き離そうとされたのは、

当事者の頻繁過ぎる相談によって、本当に助けを必要としていた他の相談者に

迷惑がかかると判断されたのも理由の1つでした。

他の2名に対しては、各々の背後霊様の意向に従って

メールの受信拒否はせずに、レイキヒーリングも続けています。


全ての人には自由意志が与えられているので、

当事者が背後霊様のメッセージを受け入れるも受け入れないも自由で、

私は単なるメッセンジャーです。

又、私が受けたメッセージの信憑性をどのように受け止めるかも自由です。

但し2006年4月16日、突然降って湧いたように与えられた霊感によって

メッセンジャーとなった私が、自分に納得して相手にメッセージを届けるまでには

例外なく、渾身の力を注ぎ、手順を踏んで、再確認も怠りなく、

最善を尽くしたうえで届けていることだけご理解頂けたら幸いです。

幸せは自分で気づくもの で書いた通り私の個人的な問題は既に解決しました。

それは、もちろん幸運に恵まれたことが一番大きいとは思いますが、

私が背後霊団の意向に沿って行動したことも解決の所以だと信じております。

そのときの喜びを多くの方々にも味わって頂きたいので

粛々と私にできることを続けて行きたいと思います。


どうかメッセージを深読みせず言葉通りに受け取ることを常に心がけてください。

関連記事
NEXT≫
プロフィール
カテゴリ
管理人へのメールはこちら

初めての方は、送信される前に
カテゴリ「メールの返信について」を
ご一読くださいますようお願いします。


e-mail


メールは公開されません。

CalendArchive
CASIO-Calendar
QRコード
QR
template
・template サブカルシート HiRo
・background-image kaze-sora.com
・header-image JJGallery
リンク